Pocket

GDPといえば、ニュースで何%上がったとか下がったとかよく聞きます。

GDPが上がれば、経済成長しているということみたいですが、

だから何?って感じです。





だいたいGDPって何なんでしょう。

学校で、社会の時間に習ったという記憶はありますが、

内容まではさっぱり覚えていません。

なので、ちょっと調べてみました。





GDPとは

GDPというのは、英語の

Gross Domestic Product

の頭文字をとったもので、





日本語では「国内総生産」といいます。





GDPとはどんなものなのか、

一言で言うと、

一定期間内に国内で生み出された付加価値の総額

のことです。





ん~、なんかわかったような、わからないような。

付加価値の総額って、何のことなんでしょうか。





付加価値というと、最近よく聞く言葉なんですけど、

私自身は、価格以上の価値のことかなと、漠然と思っています。

ですが、経済でいう価値には、お金に換算できないものは含まれません。





ここでいう付加価値は、次のような式で表されます。

付加価値=生産額-生産に使った中間財・サービスの値段





この式に中の生産額というのは、簡単に言うと

製造業であれば製造した製品の価格、

サービス業であれば提供しているサービスの価格、

小売業であれば販売している商品の価格

のことです。





生産に使った中間財・サービスの値段は、原材料や商品などの仕入れです。

これに、減価償却は含まれません。





GDPの範囲は国内の市場取引

ここで、GDPの範囲は国内なので、日本のGDPには、

外国の方が日本に住んで、生産した付加価値も入ります。

ですので、外資の在日支社、支店の生産した付加価値も、日本のGDPに含まれます。





逆に、日本人が外国に住んで、生産した付加価値は、

日本のGDPには入りません。

当然、日本の会社の在外支社、支店の生産した付加価値も、日本のGDPには含まれません。





家事やボランティアは、市場で取り引きされていないので、GDPには含まれません





市場取り引きではないのに、GDPに含まれる例外に、帰属家賃というのがあります。

帰属家賃というのは、自分の家を自分に貸すと便宜上考えて、

貸し主である自分に払う家賃のことです。





まあ、自分が住まずに、人に貸していれば、得られる家賃とも言えます。

帰属家賃は、実際には存在しない家賃ですが、市場の賃貸料から推定され、

GDPに計上されます。





古美術品などは、GDPを算出する期間に生産されたものではないため、

市場で取り引きされていても、GDPには入れません。





スポンサーリンク





三面等価の原則

経済を、ここまでに出てきた生産の側面から見たGDP、

分配の側面から見たGDI(Gross National Income、国民総所得)

支出の側面から見たGDE(Gross Domestic Expenditure、国民総支出)

のそれぞれの額は、理論的には等しくなるという、

三面等価の原則というのがあります。





分配の側面から見ると、生産によって得られた儲け(GDP)は、

賃金、税金、利子、賃貸料などの形で、家計や政府の利潤として、

その残りが企業の利潤として分配されていると考えられます。





支出の側面から見ると、家計の支出である消費支出、企業の支出である投資支出、

政府の支出である政府支出は、分配された利潤(GDI)から出ていると考えられます。

それに、外国との取り引きを考慮して、GDEには輸出額から輸入額を引いた差額を、

算入します。





これらから考えると、GDPが上がるということは

給料が上がることにつながり、給料が上がれば消費が増え、

企業の儲けも増え、さらに生産額を増やすために、

人を雇ったり、設備投資をすることになる、ということですか。





このような考え方があるので、GDPが上がれば経済は成長していて、

逆にGDPが下がれば、経済は衰退していると、言われるのだと思います。





現実としては、GDPが上がっても、賃金として分配されるより、

企業の利潤(株主への配当金等)に回すほうが優先されていて、

庶民が景気がよくなったと実感することは、

あまりない気が個人的にはしますけどね。





名目GDPと実質GDP

GDPには、名目GDP実質GDPというのがあります。

その違いは、インフレ・デフレといった価格変動の影響を、考慮したかどうかです。





名目GDPは価格変動による影響をそのままにしたもので、

実質GDPは価格変動による影響を取り除いたものです。





価格変動の影響

なぜ価格の変動が、GDPに関係あるのでしょう。





例えば、ある企業が、Aという商品を去年も今年も10個、生産したとします。

その商品Aは、去年は100円で売られていましたが、

今年は値上がりして、2倍の200円で売られました。





そうすると、商品Aの生産数は同じでも、

GDPに算入される額は、

(200円-100円)×10個=1000円

今年の方が増えることになります。





この場合、GDPは上がりましたが、生産力は上がっていませんし、

給料も値段と同様に2倍に上がったとしても、物の値段も2倍に上がっているので、

商品を買える数は変わらないですから、経済規模が増えたとは言えません





そのため、価格変動の影響を取り除いた、実質GDPも必要になるわけです。





それでは、価格変動の影響を、どのように取り除くのでしょうか?





実質GDPでは、物価に参照年の物価を使います。

参照年というのは、名目GDPと実質GDPの一致した年のことです。





GDPデフレーター

価格がどう変動しているのか、インフレかデフレかを表す物価指数に、

GDPデフレーターというものがあります。





GDPデフレーターは、名目GDP÷実質GDP×100という式で算出され、

その増加率が、プラスの時はインフレ、マイナスの時はデフレであることを示します。





前述の参照年は、名目GDPと実質GDPが同じなので、

GDPデフレーターが100になった年とも言えます。





GDPデフレーターには、原油価格が上昇したことで、商品価格が上昇したというような、

輸入物価の影響は除いてあります。





経済成長率

経済成長率は、

今年のGDP成長率=(今年のGDP-昨年のGDP)÷昨年のGDP×100

という式で算出されます。





計算に使うGDPが、名目GDPであれば名目経済成長率

実質GDPであれば実質経済成長率となります。

単に経済成長率というと、多くは実質経済成長率のことです。





こうしてGDPについて見てきたわけですが、GDPが増えると経済的に豊かになるんだ、

ということはわかりました。





だからといって、お金だけ儲ければいいという考えでは、

社会はダメになるんじゃないでしょうか。

お金は大事ですが、お金のために人が不幸になってはいけないと思うからです。





経済は「経世済民」、

「世を経(おさ)め民を済(すく)う」

ことを意味しています。





すべての国民のための経済成長であってほしいものです。

スポンサーリンク