Pocket

DIYと日曜大工は一緒?

DIYとは、

Do It Yourself」の略で、

「自分自身で作ろう」というような意味の言葉です。


より快適な生活空間を自分で作ろうという概念で、

住宅などの部分的な補修が主です。


んー。これだと、日曜大工と一緒じゃないですか。

実際、DIYと日曜大工は同じ意味として使われたりしていますし。


それなら、DIYなんて言わなくても、

日曜大工と言っていればいいんじゃないかと思います。

日曜大工のほうが、使われ始めたのは古いですし、日本語だし。


ですが、DIYは

住宅全体を補修したり

ログハウスを建てたり

さらに一般住宅を設計・建築すること

なども含み、規模を問いません。


つまり、DIYのほうが、日曜大工より広い概念なんです。


DIYの始まりは戦後の復興から

DIYという言葉ができたのは、第二次世界大戦後の1945年のイギリスです。


当時のロンドンで、ドイツ軍の激しい空襲を受け破壊された街を、

自分たちで復興させようと国民運動が始まりました。

その時のスローガンが、「D.I.Y.」だったのです。


もともと街の復興がDIYの対象だったのですから、

日曜大工より広範囲のことが対象なっているのも当然ですね。


そのイギリスで始まったDIYは、ヨーロッパ全土、アメリカへと広がりました。

アメリカでは、週末のレジャーとして楽しむ健康的な趣味へと変わっていきました。


それが、高度成長期の日本へ入ってきて、日曜大工となったのです。

その後、日本ではホームセンターがDIYという言葉を使うようになってから、

一般に広まりました。


ホームセンターが使い始めたから、

日本ではDIYと日曜大工が同じ意味で使われたりするんでしょうね。


現在では、住宅関連以外でもDIYという言葉が使われています。


DIYパソコンといえば、自分で部品を購入するなどして用意し組み立てる、

いわゆる自作パソコンのことを指します。


車のDIYといえば、車の修理などを自動車整備工場に任せずに、

自分でやってしまうことです。


こんな風に、DIYはより広範囲に使われるようになっています。

自分でできることは、自分でする。

こんなDIYの考え方、これからの時代、

とても大切になってくるんじゃないかなと思います。

スポンサーリンク