Pocket

A群溶血性レンサ球菌咽頭炎(えーぐんようけつせいれんさきゅうきんいんとうえん)

毎年ではないですが、流行していると新聞に出ることがあります。


なんだかすごく長くて難しい名前で、怖い病気な感じがするのですが、

新聞の記事を読んでも、それほど怖い病気には思えません。


実際、どんな病気なんでしょう。

気になったので、調べてみました。


A群溶血性レンサ球菌咽頭炎とは

A群溶血性レンサ球菌咽頭炎は、A群β溶血性レンサ球菌咽頭炎とも呼ばれる、

感染症です。


この病気は、温帯地域ではよくある病気です。

亜熱帯地域でもみられますが、熱帯地域では滅多にみられません。


A群溶血性レンサ球菌咽頭炎は、小児がかかりやすいです。

早ければ、0歳児でもかかることがあります。


患者数は、1歳から徐々に増え、5歳がピークで、

それ以降は徐々に減り、15歳以上ではかなり減ります。

少ないですが、成人でもかかることがあります。


季節的なピークは、冬と春から初夏にかけての、年2回あり、

家庭、学校といった集団での感染も多くあります。


A群溶血性レンサ球菌が原因

A群溶血性レンサ球菌咽頭炎の原因は、

A群溶血性レンサ球菌」という細菌です。


レンサは「連鎖」のことで、顕微鏡で見ると鎖のようにつながって見えるので、

こう呼ぶそうです。

なぜカタカナなのかは、わかりませんでしたけど。


この細菌は、もともと「A群β溶血性レンサ球菌」という名前です。


A群というのは、ランスフィールド(Lancefield)分類法という、

β溶血性レンサ球菌の分類(A群~V群まで)の1つなので、

βを省略して、A群溶血性レンサ球菌とも呼ばれています。

英語は、「Group A streptococcus」で、「GAS」と略されたりします。


また、「化膿レンサ球菌(かのうれんさきゅうきん、Streptococcus pyogenes)」

と呼ばれたり、

単に「溶連菌(ようれんきん)」と呼ばれたりします。


細菌の名前の中に、β溶血性とありますが、

溶血というのは、血液中の赤血球が破壊される現象のことです。


で、細菌の溶血性というと、その細菌が溶血を起こすのかどうか、

また、溶血を起こした場合、どんな状態になるのかによって、

α、β、γの3つの型に分類されます。


β溶血性の細菌を血液寒天培養すると、周辺の赤血球のほとんどを破壊するので、

顕微鏡で見ると周りが透明になります。


A群溶血性レンサ球菌は、グラム陽性菌でもあります。


グラム陽性というのは、グラム染色法による分類で、細菌を色素で染色して区別します。

グラム染色法とは、光学顕微鏡で見ると、区別のつきにくい細菌に、

色をつけて観察しやすくするためのものです。


陽性の細菌は紫色に、陰性の細菌は赤色になります。

条件によって、陽性になったり、陰性になったりする不定性というのもあります。


A群溶血性レンサ球菌は、咽頭炎のほかに

膿痂疹(のうかしん)、猩紅熱(しょうこうねつ)、中耳炎(ちゅうじえん)、

蜂窩織炎(ほうかしきえん、または蜂巣織炎(ほうそうしきえん))、

肺炎、化膿性関節炎(かのうせいかんせつえん)、骨髄炎(こつずいえん)、

髄膜炎(ずいまくえん)、壊死性筋膜炎(えしせいきんまくえん)、

毒素性ショック症候群(どくそせいしょっくしょうこうぐん)なども起こします。


A群溶血性レンサ球菌咽頭炎の症状

A群溶血性レンサ球菌咽頭炎の潜伏期間は2~5日で、

潜伏期での感染性はわかっていません。


発症したときの症状としては、突然の38度以上の発熱、咽頭痛(いんとうつう、

のどの痛み)があります。

他に、嘔吐、全身の倦怠感、腹痛、筋肉痛、頭痛などを伴うこともあります。


まれに重症化して、猩紅熱(しょうこうねつ)となることがあります。

その場合、発熱が始まってから12~24時間すると、

全身に小さな赤い斑点や日焼けのような発疹が出たり、

3日、4日すると、舌に赤いぶつぶつがでる「苺舌(いちごした)」になったりします。


重症といっても、猩紅熱は抗生物質がよく効くので、昔ほど怖い病気ではなく、

溶連菌感染症(ようれんきんかんせんしょう)として、治療は行われます。


合併症としては、化膿性疾患の肺炎、髄膜炎、敗血症(はいけつしょう)など、

非化膿性疾患のリウマチ熱、急性糸球体腎炎(きゅうせいしきゅうたいじんえん)

などがあります。


A群溶血性レンサ球菌咽頭炎の治療法

治療には、ペニシリン系の抗生物質(抗菌剤、抗菌薬)が使われます。

アレルギーのある場合には、エリスロマイシンや第1世代のセファムも使用されます。


薬を飲み始めて、24時間経過すると、感染の可能性はほとんどなくなります。

これらで症状が良くならない場合には、クリンダマイシン、

クラブラン酸・アモキシシリン、第2世代以降のセファムなどを使用します。


咽頭炎自体は、治療しなくても、たいてい数日で良くなるんですが、

合併症の予防のために、抗生剤による治療を行います。


抗生剤による治療の目的は、咽頭炎の治療というより、

合併症になるリスクを減らすためとも言えます。


合併症予防のためには、抗生物質を少なくとも10日は飲み続けなければいけません

症状が良くなったからと、薬をやめると合併症になる可能性が高くなります。


A群溶血性レンサ球菌咽頭炎の感染経路

A群溶血性レンサ球菌咽頭炎の感染経路には、せきやくしゃみなどによる飛沫感染、

菌が手などについて感染する、といったものがあります。


予防としては、患者との濃厚接触を避けること、うがい、手洗いの励行などがあります。

一般に市販されている消毒剤も有効です。


兄弟間の感染率が最も高く、次いで親子の感染率が高いというデータもあるので、

一人がかかったら、症状はなくても、他の家族も一緒に検査を受けた方が良いでしょう。

また、家庭内感染を防ぐために、家庭内でのタオルの共用は、しないようにしましょう。


A群溶血性レンサ球菌咽頭炎は、再度かかったりします

インフルエンザのように1回かかれば、しばらくかからないということはありませんので、

治ったからといっても安心せず、予防のために、うがい、手洗いを励行してください。

また、症状が出たら、早めに治療を受け、合併症を予防しましょう。