Pocket

針供養とは

針供養とは、

古くなって錆たり、折れたり、曲がったりして使えなくなった縫い針を

供養する行事です。


縫い針を、豆腐やこんにゃく等の柔らかいものに刺して供養し、

近くの神社やお寺に納め、裁縫の上達を願います。

地方によって、針を紙に包んで供養するところや、

針をさしたこんにゃくを川に流すところもあります。


縫い針を柔らかいものに刺すのは、いままで固いものばかり刺してきたので、

休ませてあげようという気持ちからです。


供養した針を納める神社は、淡島神社です。

和歌山県和歌山市加太町に、本社があります。


お寺は、淡島神(あわしまのかみ)を祀る堂のある寺院になります。

淡島神は、裁縫の上達だけでなく、

安産、子授け、人形供養など、女性に関すること全般に霊験のある神様です。

淡島神の本体については、いろいろな伝承があります。


その中に、淡島神は少彦名命(すくなびこなのみこと)であるという説があり、

祭神を少彦名命としている神社は多くあります。


針供養が行われる日はいつ?

針供養が行われるのは、2月8日か12月8日です。

一般的に、関東地方では2月8日、関西や九州地方では12月8日に行います。

関東や東北地方の一部では、両方の日に行うところもあります。


なぜ、2月8日と12月8日なのでしょう。

2月8日と12月8日は、事八日(ことようか)と呼ばれます。


2月8日は農作業を始める「事始め」、

12月8日は農作業を終える「事納め」と呼びます。


この日は、針仕事を慎むべきと考えられていました。

それで、2月8日と12月8日に針供養を行うようになったそうです。


現在、家庭で針をあまり使わなくなりましたが、

仕事などで裁縫に関係する方の間では、

今でも針供養は行われています。


いつも使っている道具が、使えなくなったら供養する。

このように、道具に感謝する気持ちが、

道具を大事に使うということだけでなく、

技術の向上にも大切なんじゃないかと思ったりします。

スポンサーリンク