Pocket

金木犀といえば芳香剤?

秋の季語にもなっている金木犀(キンモクセイ)は、

中国南部の原産で、モクセイ科の常緑小高木樹です。

同じくモクセイ科の銀木犀(ギンモクセイ)の変種だそうです。


開花時期は、9月下旬~10月中旬です。

名前の由来は、樹皮が動物のサイ(犀)の皮膚に似ていて、

金色の花を咲かせるからだそうです。


その花の色から、中国では丹桂と呼ばれたり、

桂花と呼ばれたりもします。


桂花というと、思い出すのが「桂花陳酒」です。

桂花陳酒は、白ワインに金木犀の花を、3年漬けて熟成させたリキュールです。


あと金木犀(キンモクセイ)というと思い出すのが、トイレの芳香剤です。


現在はトイレの芳香剤にも色々な香りがありますが、

以前はトイレの芳香剤といえば金木犀(キンモクセイ)の香りでした。


これは、昔のくみ取り式トイレの悪臭を消すためには、

悪臭に負けない強い香りが必要で、

金木犀(キンモクセイ)の甘くて強い香りが、

トイレの芳香剤に適していたからだそうです。


実際に、トイレの近くに金木犀(キンモクセイ)を植えている家もあったそうですから。


さて、こんな金木犀(キンモクセイ)の花言葉ですが、

先日調べた秋桜(コスモス)に負けず劣らずたくさんありました。


ですので、秋桜(コスモス)の時と同様に、

調べることのできた花言葉をすべて挙げてみたいと思います。


金木犀(キンモクセイ)の花言葉

謙遜

謙虚

真実

真実の愛

真実の愛情

初恋

あなたの気を引く

官能美

変わらぬ魅力

思い出の輝き

陶酔

気高さ

高潔な人

あなたは高潔です

気高い人

高貴な人

志の高い人

慎み深さ

スポンサーリンク