花粉症対策、自分でできること
Pocket

自分でできる花粉症対策

花粉症の対策として、自分でできることには、どんなことがあるのでしょう。

自分でできる花粉症対策には、次のようなものがあります。





・できるだけ外出を控える

花粉症の飛んでいる量の多い時には特にです。

天気予報などで、花粉の飛散量を毎日チェックしてください。

このようなサイトもありますので、参考にしてみてください。

環境省花粉観測システム(愛称:はなこさん)

花粉症@ステーション|第一三共株式会社


・外出時に、花粉を吸ったり、体に付かないようにする

外出するときには、

帽子、メガネ(もしくはゴーグル)、マスク、マフラーなどを身につけ、

なるべく花粉を吸い込んだり、体に付かないようにしましょう。


コートなどは、

ウール、ファー、フリースなど花粉のつきやすい素材のものではなく、

ツルツルした素材のものにしましょう。

花粉をつきにくくするスプレーを、使うのも良いかもしれません。


・帰宅したら、玄関前で花粉を払い落とす

花粉を、外から部屋の中になるべく持ち込まないようにするためです。

また、洗顔やうがいをして、体についた花粉を落としましょう。


・家の中にいるときには、ドアや窓は閉める

とはいえ、部屋の換気は必要なので、

花粉の飛散量の少ない深夜か早朝にします。


ですが、風の強い日は

深夜や早朝とはいえ花粉が多く飛んでいたりするので、

窓は開けないほうが良いでしょう。


・掃除はこまめに

気をつけていても、花粉は家の中に入ってしまいますので、

掃除はこまめにしましょう。


花粉を舞い上げないよう掃除できるので、

濡れ雑巾での拭き掃除が効果が高いです。

使い捨てのウエスや掃除シートを使うのも、良いのではないでしょうか。


掃除機は、移動時や排気が花粉を舞い上げたりするので、

使用時には注意が必要です。


・布団は外に干さない

布団乾燥機を使うとか、直射日光に当たる部屋で干すとか、

電気カーペットや電気コタツを使うなど、

布団を乾燥させることに重点を置いてください。

花粉だけでなく、ダニにも効果がありますから。


・寝る前に枕の周りの花粉を拭き取る

寝る前には、枕の周り約1mぐらいの範囲で、

花粉を湿らせたティッシュやタオルで拭きとってください。


それと、お風呂で花粉を洗い流してください。

これで、寝ている間に吸い込む花粉を少なくできます。

空気清浄機を使うのも、効果があります。


目と鼻のセルフケア

目と鼻のセルフケアとしては、次のようなものがあります。





・目は水道水で洗わない

目についた花粉を取り除くために、目を洗うのは良いのですが、

水を使うと目の細胞を傷つけたり、涙を洗い流してしまうため、

あまり良くありません。


目を洗う場合には、市販の人工涙液を使いましょう

ただし、防腐剤入りのものは頻繁には、使わないほうが良いと思われます。


カップ式の洗浄剤は、目の周りについた花粉が入ってしまわないよう、

顔を洗ってから使ってください。


・目を休め、いたわる

コンタクトだと、涙によって花粉をうまく洗い流せないので、

溜まってしまって悪化することがありますので、

メガネを使うようにしましょう。


パソコン作業は、1時間したら15分程度の休憩を取るようにします。

十分な睡眠を取り、バランスの良い食事を心掛けましょう。

食物繊維を十分に摂るようにしましょう。

発酵食品も摂ると、さらに腸内環境を良くするので、体が強くなります。


・目が痒い(かゆい)ときには、目を冷やす

目が痒い時には、冷たい水で絞ったタオルを目の上に乗せてください。

冷やすことで、痒みが楽になると言われています。


・鼻を洗う時は、水道水を使わない

水道水に含まれる塩素が、鼻の粘膜を傷つけてしまいます。

市販の鼻洗浄液や生理食塩水を使ってください。

ですが、洗いすぎは良くないので注意してください。


・かみすぎて荒れた鼻には、油分100%のワセリンを使う

乳液などは、傷があると傷に染みこんで、

悪影響を及ぼす可能性がありますので。


・鼻のケアには、加湿器を使う

これは、炎症により鼻の粘膜の働きが、低下していたりするからです。

ただ、湿度が高いとダニやカビが繁殖しやすくなるので、

50%程度にするのが良いとされています。


それと、花粉が湿気を吸って重くなるので、床に落ちるとも言われています。

50%程度の湿度で、花粉が床に落ちるのかという疑問はありますが。


民間療法は効く?

他に、民間療法と言われるものもあります。

お茶、アロマテラピー、ヨーグルトなど、いろんなものがあります。

これらについては、誰にでも効果があるとは限らないようです。


漢方などでも、効果があったという人は50%ぐらいだそうで、

30%以下のものも多くあるそうです。


民間療法の場合、あまり過度の期待はしないで試してみて、

効果があったらラッキーと思うぐらいのほうが良いのかもしれません。


詳しくは、次の厚生労働省のサイトを参考にしてみてください。

花粉症の民間療法について