花粉症とは?その原因と発症のメカニズム
Pocket

花粉症とは

花粉症(かふんしょう)とは、

スギ(杉)やヒノキ(桧)などの植物の花粉が鼻や目の粘膜に付くことで、

くしゃみや鼻水などのアレルギー症状を起こす病気です。


花粉症は、

アレルギーの原因物質(アレルゲン)である花粉が飛散している季節だけ

症状が起きます。


そのため、

鼻の症状は「季節性アレルギー鼻炎」、

目の症状は「季節性アレルギー結膜炎

と言われます。


家の中のホコリやダニが原因の場合は、

通年性アレルギー鼻炎

通年性アレルギー結膜炎

と言います。


なぜ花粉症になるのか?

なぜ花粉症になるのでしょう。

そのメカニズムを、簡単に説明してみます。


人間の体は、体内に入った物質を異物と判断し、

排除しようと判断すると抗体を作ります。

花粉症の場合は、体内に入った花粉を異物と判断し、

排除するために「IgE抗体」を作ります。


その後、花粉が体内に入ると抗体と結合し、

ヒスタミンなどの化学物質が分泌され、くしゃみや鼻水などによって、

できるだけ花粉を体外に排出しようとします。

この花粉を体外に排出しようと起こる症状が、花粉症の症状になります。


花粉症の原因となる花粉は?

それでは、花粉症の原因となる花粉には、どういったものがあるのでしょう。


よく聞くスギの花粉の他に、

ヒノキ、シラカンバ(シラカバ)、コナラ、クリ、ハンノキ、

オオバヤシャブシ、ケヤキ(欅)、イチョウ(銀杏)、アカマツ(赤松)、ネズ

といったものがあります。


これらの春がメインの木の花粉とは別に、

夏から秋にかけて飛散する

草本花粉(そうほんかふん)

というものがあります。


この草本花粉には、

イネ科(カモガヤ、オオアワガエリなど)の植物、

キク科(よもぎ、ブタクサなど)の植物

などの花粉があります。


花粉症は、自然にどこからか飛んできた花粉だけが原因ではありません。

いちご、りんご、バラ、梅などの植物を栽培している方は、

人工交配作業中に花粉を吸いやすいので気をつける必要があります。


日本では、スギの花粉が原因の花粉症をよく聞きますが、

スギのない外国ではどうなのでしょう。


ヨーロッパではイネ科の植物の花粉のよる花粉症が、

アメリカではブタクサの花粉による花粉症が多いそうです。


日本、ヨーロッパ、アメリカの花粉症は、

世界3大花粉症

と言われています。


花粉症が発症するかどうかは個人差がある

花粉症は、昨日まで大丈夫だった人が、急に発症したりします。

花粉症が発症するかどうかは、

花粉を吸うたびに作られる「IgE抗体」がどれだけ蓄積されたか

によります。


このへんは、個人差がありますので、

どれだけ花粉を吸ったら花粉症になるかという基準はありません


遺伝的要因により、「IgE抗体」が多くても花粉症を発症しない人もいます。


環境的要因として、

自動車の排気ガスなどの大気汚染物質を多く吸っている人のほうが、

花粉症を発症しやすいとも言われています。


さらに、自律神経の働きや腸内環境が、

花粉症が発症するかどうかに影響すると言われてもいます。