Pocket

芒種とは

芒種(ぼうしゅ)とは、二十四節気の9番目で、

小満(しょうまん)から15日目頃になります。

定気法では、太陽黄経が75度の時で、6月6日頃になります。


期間の意味もあり、

上記の日より夏至(げし、6月21日頃)前日までを指します。


芒種の「芒」は、「のぎ」と読み、

稲や麦などの穂の先端についている針状のものを表しています。


ですから、芒種の季節は、

稲などの穂の出る植物の種を蒔く頃のこと

になります。


暦便覧では、

「芒(のぎ)ある穀類、稼種する時なり」

と説明されています。


芒種は、麦は収穫、稲は田植えの時期

ただ、麦の種を蒔くのは一般的に秋で、芒種の頃は収穫の時期(麦秋です。


それに、現在の田植えは、早生(わせ)種(コシヒカリなど)ですと、

田植えの時期は主に5月です。


芒種のころに田植えをするのは、

晩生(おくて、ばんせい)種(かりの舞など)です。


なので、芒種には、麦は収穫をし、稲は田植えをする地域もあれば、

そうでない地域もあるということになります。


芒種と田植えの時期がずれたりするのは、稲の品種改良によるのでしょう。

時の流れを感じます。


芒種の頃は、西日本では梅雨入りの頃です。

また、梅の実は青から黄色に変わり、

百舌が鳴き始め、カマキリやホタルが現れ始める季節です。


この時期は、ジメジメした天候が多いので、

体調を崩さぬよう気をつけたいものです。

スポンサーリンク