肺気胸とは
Pocket

肺気胸とは

肺気胸(はいききょう)とは、肺から空気が漏れて、

その空気が胸の中(胸腔(きょうくう))に溜まっている状態のことです。


肺気胸の多くは、原発(特発とも言う)性自然気胸です。

原発性肺気胸の場合、

肺胞(はいほう)の一部が嚢胞(のうほう)化したものや、

胸膜(きょうまく)直下にできた嚢胞が破れ、肺に穴が開きます。


嚢胞というのは、体内にできた病的な袋状のものです。

この嚢胞がなぜできるのかは、まだわかっていません。


原発性肺気胸の場合、多くは自然に穴がふさがり、

漏れて胸腔に溜まった空気は、少なければ血液に溶け込んでしまいます。


肺気胸になりやすい要因

なぜ嚢胞ができるのかは、今はわかっていませんが、

肺気胸になりやすい人の傾向は、わかってきています。


まず、背が高く痩せた若い男性に多いです。

ここでいう若いというのは、

10~30代前半とか、10~20代とか、40歳未満とか言われています。


イケメン病とも言われたりしていますが、

背が高くて痩せていればイケメンというわけじゃないでしょう。

肺気胸を発症して、過去にニュースになった有名人がイケメンだったから、

そう言われただけだと思います。

別に、背の低い人、太った人、年配者、女性の発症も、稀ではないようですし。


また、喫煙、運動、猫背、気圧の変化などにより、肺に強い負担がかかる、

成長期の骨の成長に、肺の成長が追いつかずに、肺が引き伸ばされる、

心的ストレス、

睡眠不足などの生活習慣の悪化、

といったことも発症しやすい要因だと考えられています。


確証は得られていませんが、発症した人にこういったことが多い傾向があります。


肺に穴が開く原因は嚢胞だけじゃない

肺気胸には、肺気腫、結核、肺がんなどの疾患が原因となるものもあります。

この場合は、続発性気胸といい、年配の人が多いです。

それは、加齢によって肺は弱っていくので、

年配の人のほうが、肺気腫などの肺の病気になりやすいためです。


女性では、子宮内膜症が原因となる、月経随伴性気胸の場合もあります。

月経随伴性気胸は、子宮内膜の細胞が横隔膜や肺に入り込んで、

それが月経とともに剥がれ落ち、そこに穴が空くことで起こります。


交通事故などによって骨折した肋骨や、

なにか鋭利なものが肺に刺さることで起こる気胸は、

外傷性気胸と呼びます。


同じように、鋭利なものが肺に刺さった場合でも、

鍼治療などによる肩背部、胸部への直深刺、

中心静脈カテーテルの挿入、人工呼吸器の装着などの

医療行為が原因の時は、医原性気胸と言います。


血胸(血が胸腔に溜まった状態)と気胸の両方が同時に起こると、

血気胸(けっききょう)と言います。

血胸が起こるのは、外傷、医原性、動静脈の破裂などが原因です。


息を吐くときに、胸腔内に漏れて溜まった空気が、肺に戻らない状態の場合は、

緊急性気胸と言います。

この場合、肺に空いた穴は、

チェックバルブ(逆止弁)のような構造になってしまっています。


チェックバルブというのは、

液体や気体を一方向にしか流さない作用をするバルブ(弁)で、

逆流を防ぐ役割をします。

ですので、肺から空気は漏れますが、

漏れた空気が肺に戻ることはできません。


そうなると、胸腔内に空気がどんどん溜まり、

心臓やもう片方の肺などを圧迫するようになり、

血圧の低下やショック状態になったりしますので、

すぐに治療する必要があります。


肺気胸の症状

肺気胸の多くは、突然発症します。

その時に起こる胸痛(きょうつう)をきっかけに、受信する人が多いです。


肺気胸の症状には、胸痛だけでなく、

背中の鈍痛

息切れ

息苦しさ

大きく息が吸えない

呼吸困難

乾いた咳

酸素飽和度(血液中のヘモグロビンが酸素とどれだけ結合しているかを示す)の低下

頻脈(ひんみゃく、成人の場合で毎分100位上の脈拍)、

動悸


などがあります。


まれに、症状のないこともあります。

症状のない場合は、健康診断などの胸部レントゲン検査で、

肺気胸だとわかったりします。


肺気胸の治療

肺気胸の治療は、軽度であれば無理な姿勢、運動、呼吸をしないよう安静にします。

それで、自然に穴がふさがり、治癒するのを待ちます。


中程度以上であれば、胸腔ドレナージを行って、

胸腔内に溜まっている空気を抜きます。

胸腔ドレナージを行っても良くならなかったり、

再発を繰り返す場合には手術をします。


手術は、最近では胸腔鏡手術がよく行われます。

以前は開胸手術が行われていましたが、

胸腔鏡手術のほうが、手術による傷が小さく、

痛みも少ないので増えています。


自然気胸の場合、手術をしていない時の再発率は、

初回から3年間で50%に達します。

再発した後の再発率は、さらに上がるそうです。

胸腔鏡手術を行うと、再発率を10%程度に下げることができるそうです。


肺気胸は、原因がわかっていないので、予防法というものはありません

そうはいっても、最初の方に書いた、発症しやすい要因と考えられている、

ストレスや疲労を溜めない、睡眠不足にならないなどに気をつけていれば、

肺気胸は発症しにくいんじゃないかなとは、個人的には思います。

ただの素人考えなので、効果は無いかもしれませんけどね。