Pocket

旧暦(陰暦)10月のことを「神無月」と言います。

なぜ神無月というのでしょうか。





10月を神無月っていうのはなぜ?

神無月という字のとおり、

旧暦の10月は全国の神様がいなくなってしまう月

ということから、このように呼ばれます。


どうして神様がいなくなってしまうのかというと、

会議のために日本中の神様(八百万の神)が出雲に集まるからです。


地域によっては、神在月

そのため、他の地域とは逆に、出雲には神様が集まってくるため、

出雲地方では「神在月」と呼ばれます。


ところが、神在月というのは出雲だけだと思っていたのですが、

諏訪大社周辺も神在月というそうです。


伝承では、諏訪大明神である建御名方命が、あまりにも大きな体なので、

他の神々が気遣って出雲に出向かなくて良いということになったそうです。


また、古事記に記されている国譲りに反対した建御名方命が、

天津神の建御雷命と力くらべをして負けてしまい、諏訪湖まで逃げ、

この地から出ないからと命乞いをしたからとも言われています。


そして、神無月といっても、神様全員が集まるのではなく、

出雲に集まるのは、国津神だけで天津神は集まらないという説もあるそうです。


神様の会議の議題は?

ところで、日本中の神様が集まって行う会議では、何を話し合うのでしょうか。


それは、日本中の人の縁

例えば誰と誰を結婚させるかといったようなことを話し合うのだそうです。


だから出雲大社は縁結びの神様と呼ばれているというわけですね。


神在月の神事

さて、神在月に出雲地方の神社では、神迎祭などいろいろな神事が行われます。

神事の予定は、次のようになっています。

出雲大社

神迎神事・神迎祭(旧暦10月10日)    平成25年11月12日

神在祭(旧暦10月11日、15日、17日)    平成25年11月13日、17日、19日

縁結大祭(旧暦10月15日、17日)        平成25年11月17日、19日

神等去出祭(旧暦10月17日、26日)    平成25年11月19日、28日

日御碕神社

旧暦10月11日~17日

龍神祭(旧暦10月14日)

朝山神社

旧暦10月1日~10日

万九千神社

旧暦10月17日~26日

神等去出祭(旧暦10月26日)

特別祈願祭(新暦11月26日)

神原神社

新暦11月26日

佐太神社

新暦11月20日~25日、30日、5月20日~25日、31日

神魂神社

新暦11月11日~18日

多賀神社

新暦11月25日、26日

スポンサーリンク