父の日の由来とお父さんの喜ぶプレゼント
Pocket

最初、父の日はなくて、母の日だけあった

今日は、父の日です。

父の日というと、お父さんに感謝を表す日で、6月の第3日曜日となっています。

なぜ、父の日は6月の第3日曜日となっているのでしょう?


日本の父の日は、アメリカから伝わったものです。

アメリカでは、母の日はあっても父の日がない時がありました。


1909年のワシントン州スポケーンの

ソノラ・スマート・ドッド(ジョン・ブルース・ドッド夫人)が、

男手一つで育ててくれた亡くなったお父さんを讃え、

お父さんの誕生月の6月に牧師さんに頼んで、

礼拝をしてもらったことがきっかけになりました。


彼女は、母の日だけでなく父の日のあるべきだと、牧師協会へお願いしました。


その結果、1910年6月19日(第3日曜日)には、

スポケーンのYMCAで最初の父の日の祝典が行われました。


その後、1916年に第28代アメリカ大統領のウッドロー・ウィルソンが、

父の日の演説をスポケーンで行ったことで、

父の日が広く認知されるようになりました。


1966年には、第36代アメリカ大統領のリンドン・ジョンソンが、

大統領告示を発して、6月の第3日曜日を父の日と定めました


1972年になると、アメリカの正式な国の記念日に制定されました。


最初の祝典から、正式な記念日になるまで62年と、結構長くかかったのですね。


父の日の花は?

さて、母の日の花はカーネーションですが、父の日の花は何でしょう?


父の日の花は「バラ(薔薇)」です。


これは、

「ソノラ・スマート・ドッドが父の日に父の墓前に白いバラを供えたから」

と云われています。


別に、

「十字架にかけられたキリストの血の跡から咲いた花だから」

という説もあるそうです。


この説、父の日が教会と関係あるとはいえ、

なぜ父の日の花にキリストに関する話が出てくるのか、

私にはよくわかりません。

キリスト教の信者の方にはわかる話なのでしょうか。

時間があったら後日調べてみようかと思います。


あと、1910年に行われた最初の祝典では、

YMCAの青年がお父さんが健在なら赤いバラ、

亡くなっていたら白いバラを胸につけたという話もあるようです。


日本では、1981年に社団法人日本メンズファッション協会という団体が、

「日本ファーザーズ・デイ委員会」を立ち上げました。


この委員会は、

「愛する人の無事を願う」という意味を持つ黄色をイメージカラーとし、

黄色のリボンを贈るキャンペーンを展開しました。

このことから、日本では黄色のバラを贈ったりするようになりました。


喜ばれる父の日のプレゼント

ところで、 フロム・エー ナビでは、

父の日の特集として、

「父の日に子供からプレゼントされると嬉しいものは何?」

というアンケートの結果が載せてあります。


これによると、

1位は衣類で43.2%、

2位はお酒で24.3%

と、この2つで7割近くを占めています。


ポロシャツやネクタイ、お酒という定番のプレゼントは、

お父さんにとっても、もらって嬉しいものだったりするんですね。


でも、一番大事なのは感謝の気持だと思いますので、

お父さんに「ありがとう」とか感謝の言葉をかけてあげるというだけでも、

喜んでもらえるのではないでしょうか。

スポンサーリンク