概日リズム睡眠障害とは
Pocket

概日リズム睡眠障害とは

眠りたい時刻に眠れない。

というようなこと、あなたにはありますか?


あるとすると、それはたまにですか?

それとも、毎日ですか?


もし、毎日だとすると、あなたは、

概日リズム睡眠障害(がいじつりずむすいみんしょうがい)

かもしれません。


概日リズムというのは、

英語では「circadian rhythm(サーカディアン・リズム)」といい、

睡眠・覚醒、ホルモン分泌、代謝などが、体内時計(たいないどけい)によって

調整されている、約24時間周期のリズムのことです。


「約24時間周期」=「概ね(おおむね)1日周期」のリズムなので、

概日リズムといいます。


体内時計の周期は、24時間ではなく、約24時間10分~約25時間で、

最近の研究では平均24時間11分という結果が出ています。


人は、この体内時計の周期と1日24時間周期とのズレを修正し、

体を24時間の周期に合わせて生活しています。


体内時計が何らかの理由で狂ってしまい、そのズレの修正がうまくいかなくなることで、

起こる睡眠障害のことを、概日リズム睡眠障害といいます。


概日リズム睡眠障害には、内因性のものと外因性のものがある

概日リズム睡眠障害には、内因性のものと外因性のものがあります。

内因性のものには、睡眠相後退症候群、睡眠相前進症候群、非24時間睡眠覚醒症候群、

不規則睡眠覚醒パターンといったものがあり、

外因性のものには、時間帯域変化症候群、 交代勤務睡眠障害といったものがあります。


睡眠相後退症候群(すいみんそうこうたいしょうこうぐん)

体内時計が遅れたままの状態となり、明け方近くにならないと眠れず、朝起きられません。


起きられないのを、無理をして起きると、頭痛、倦怠感、眠気、集中力の欠如、

食欲がなくなるなどの症状が出ます。

無理をせず、自然に目が覚めるまで寝ていれば、そういった症状は出ず、

体調は良いです。


思春期に多くみられ、夏休みなどの長期休暇や受験勉強などにより、

夜型の生活になると発症しやすくなります。


睡眠相前進症候群(すいみんそうぜんしんしょうこうぐん)

体内時計が進んだままの状態となり、夕方から眠くなり、深夜に目が覚めてしまいます。


昼間の生活には支障は出ませんが、残業や夜のつきあいなどができなくなります。

40代以降の中年や高齢者に多く、体内時計の周期が歳とともに短くなるのが原因です。


非24時間睡眠覚醒症候群(ひ24じかんすいみんかくせいしょうこうぐん)

寝付く時刻が、毎日1~2時間遅れていきます


そうすると、目覚める時刻も遅れていくのですが、会社や学校に行くため、

決まった時刻に起床するので、寝不足になります。


体内時計の周期が25時間以上と長い、光の影響を受けやすい、

体内時計の調整機能が弱まっている、といったことが発症の原因と考えられています。


不規則型睡眠覚醒パターン(ふきそくがたすいみんかくせいぱたーん)

通常の睡眠リズムがなくなってしまい、1日に3回以上睡眠をとります


1日の総睡眠時間は正常なんですが、

1回の睡眠時間が短いため、深い睡眠が減ります。


そのため、集中力や意欲の低下、体が疲れやすいといったことが起こります。


事故や病気による脳の器質的障害や、昼夜逆転の生活を続けているなどが、

発症の原因とされています。


時間帯域変化症候群(じかんたいいきへんかしょうこうぐん)

時差ボケ」のことです。


時差が2、3時間以上ある場所へ、飛行機で短時間に移動すると起こります。


飛行機で移動するようになってから出てきたので、

英語ではジェットラグ(jet lag)と言います。


交代勤務睡眠障害(こうたいきんむすいみんしょうがい)

その名の通り、交代勤務が原因の睡眠障害です。


交代勤務のスケジュールに、体内時計を合わせることが困難になると起こります。

症状としては、倦怠感、不眠、胃腸障害などがあります。


体内時計が狂う原因

これらの睡眠障害は、何らかの原因によって、体内時計が狂ってしまうことで起こります。

その原因には、前述したもの以外に、以下のようなものがあります。


・よく夜更かしする

・夜、パソコン、ゲーム、携帯電話などの画面を見て、ブルーライトを浴びている

・食事の時間が日によって違う

・朝、ごはんを食べない

・睡眠が不足しがち

・休日には、寝だめをしている

・朝や日中に、あまり明るくないところで過ごしている


概日リズム睡眠障害の治療法

治療法としては、光療法、時間療法、薬物療法といったものがあります。


光療法

2500ルクス以上の高照度光(ライト)を使います。


2500ルクスというと、直視するとまぶしい明るさで、

一般的な蛍光灯は500ルクス程度なので、専用のライトを使用します。


この光を、体内時計を早めたいときには、起床すると同時に、1~3時間浴びにます。

そうすることで、体内時計をリセットすることができます。


遅らせたいときには、眠気が強くなる頃に、光を浴びます。

そうすると、体内時計を遅らせることができます。


時間療法

眠る時刻を毎日数時間ずつずらしていき、希望の時刻までずらしたら、

習慣化させる治療法です。


ただ、効果が1ヶ月くらいしか続かなかったりするので、

光療法や薬物療法を組み合わせて治療されます。


薬物療法

眠気をもたらすホルモンであるメラトニン

睡眠のリズムを正常に整える働きのあるビタミンB12

睡眠薬などが使用されます。