Pocket

梅雨前線とは

梅雨前線(ばいうぜんせん)とは、

梅雨(つゆ)の時期に発生している停滞前線(ていたいぜんせん)

のことをいいます。


前線というのは、

暖かい気団(暖気団(だんきだん))と冷たい気団(寒気団(かんきだん))が

ぶつかりあう境目が、地表に接しているところです。


このぶつかり合っている気団(きだん)の勢力がほぼ同じだと、

前線の位置があまり変わらないので停滞前線といいます。


気団というのは、停滞性高気圧によって温度や湿度などの状態が、

ほぼ均質となっている大気の塊のことです。


前線付近では、暖かい空気(暖気)と冷たい空気(寒気)がぶつかるため、

上昇気流が発生します。

上昇気流が発生すると、上空に雲ができるので、雨が降りやすくなります。

梅雨前線は停滞前線なので、雨の降りやすい期間が長くなります。


この雨の降りやすい期間が、

梅雨

ということになります。


梅雨入り、梅雨明けの気団の勢力関係

 梅雨の時期に、日本付近でぶつかり合っている気団は、

オホーツク海気団と小笠原気団の2つです。


オホーツク海気団は、

オホーツク海高気圧による、

オホーツク海にある冷たく湿った海洋性の気団です。


小笠原気団は、

太平洋高気圧(北太平洋高気圧)による、

北太平洋西部にある高温多湿の海洋性の気団です。


 梅雨の時期のはじめは、

オホーツク海気団の勢力のほうが強いので、

5月上旬には梅雨前線は南の方にできます。


この頃から、南西諸島は梅雨前線の影響を受け始め、梅雨入りします。


5月中旬には、南西諸島に梅雨前線は停滞しますが、

5月下旬から6月上旬にかけて徐々に北上し、

九州、四国が影響を受け始め梅雨入りします。


6月中旬には、梅雨前線は本州に勢力を広げ、

北海道を除く日本全国が梅雨入りします。


6月下旬になると、南西諸島は梅雨明けになります。


7月半ばを過ぎると、オホーツク海高気圧が弱まり、

太平洋高気圧(北太平洋高気圧)が強まります。

そうすると、太平洋高気圧(北太平洋高気圧)が梅雨前線を北に押し上げます。


梅雨前線が北に押し上げられると、

前線の影響下から外れた南の地方から順に梅雨明けとなります。

スポンサーリンク