Pocket

彼岸桜とは

彼岸桜(ヒガンザクラ)」とは、バラ科サクラ属の落葉小高木です。

江戸彼岸(エドヒガン)と豆桜(マメザクラ)の交雑種で、

樹木としてはあまり大きくならず、高さは5mほどにしかなりません。


小彼岸(コヒガン)」、「小彼岸桜(コヒガンザクラ)」とも呼ばれます。


なぜ彼岸桜というのでしょうか?


それは、花期が染井吉野(ソメイヨシノ)より早く、

春の彼岸の頃から咲き始めるからだそうです。


彼岸桜といえば、長野県伊那市の高遠城址公園のものが有名です。

ここの彼岸桜は、「高遠小彼岸桜(タカトオコヒガンザクラ)」と呼ばれます。


この彼岸桜は、小彼岸桜としては新種であり、

高遠(たかとお)固有の種類ということで、

「高遠小彼岸桜」と命名されたとのことです。


彼岸桜の花言葉

次に、彼岸桜の花言葉です。

・心の平安

・精神美

・優れた美人

・独立


沖縄の桜は「ヒガン」じゃなく、「ヒカン」桜

ところで、沖縄では1月から桜が咲き始めますが、

染井吉野ではなく「緋寒桜(ヒカンザクラ)」という種類です。


中国南部から台湾に分布している種類で、

沖縄では入ってきた後に野生化したそうです。

沖縄で桜といえば緋寒桜のことです。


「ヒガンザクラ」と「ヒカンザクラ」。

音が似ているため、沖縄の桜の開花のニュースでは、よく混同されました


そのため、彼岸桜と区別しやすいよう

寒緋桜(カンヒザクラ)」と呼ばれることが多くなっています。

スポンサーリンク