Pocket

「寒」とは

寒の入り(かんのいり)」とは、文字通り「寒(かん)」に入ることです。


「寒」というのは、

二十四節気の23番目の「小寒(しょうかん)」と

24番目の「大寒(だいかん)」の2つの節気、

それぞれの期間を足し合わせた期間のことです。


この時期は、1年の内で一番寒さの厳しい時期になります。


寒の入りは小寒の日

小寒」の期間は、定気法で太陽黄経の285度の時、

日付では1月5日頃から始まりる約15日間です。


「小寒」とは、期間のことを指すだけでなく、

この期間の始まりの日のことも「小寒」といいます。

なので、「寒の入り」は「小寒」の日という事にもなります。


「小寒」は、暦便欄で

「冬至より一陽起こる故に陰気に逆らふ故、益々冷える也」

と説明されています。


大寒」の期間は、

「小寒」が終わった次の日から「節分」(「立春(りっしゅん)」の前日)まで

の約15日間です。

ですから、

「寒」は「小寒」の1月5日頃から「節分」までの約30日間

ということになります。


「寒」は、

寒中(かんちゅう)」とか「寒の内(かんのうち)

ともいいます。


寒中見舞いを出すのは寒の入りから

「寒の入り」になると、寒中見舞い(かんちゅうみまい)を出し始めます。

寒中見舞いは、「節分」までに届くようにします。


「立春」になると、

「寒」が終わり「寒の明け(かんのあけ)」となるので、

寒中見舞いではなく余寒見舞い(よかんみまい)とするからです。

スポンサーリンク