Pocket

夏至(げし)」といえば、

1年の内で一番昼が長い日

ということは知っていますが、ただそれだけです。


冬至などと同様に、他に何かあるのでしょうか?

気になったので調べてみました。


夏至とは

夏至とは、

二十四節気の10番目にあたり、

定気法では太陽黄経が90度の時のことで、6月21日頃になります。


期間としての意味もあり、その場合は

夏至の日から小暑(7月7日頃)の前日までの期間

をさします。


暦便覧では、

「陽熱至極しまた、日の長きのいたりなるを以てなり」

と説明されています。


なぜ夏至は昼が最も長い?

それでは、どうして夏至は昼の長さが長いのでしょう。


夏至の含まれる春分から秋分までの間、

北半球では、太陽は真東からやや北よりの方角から昇り、

真西からやや北よりの方角へ沈みます。

そして、夏至には北回帰線の真上に太陽が来るので、

日の出と日の入が1年で最も北よりになります。


そのため、太陽が真南に来た時の高度(地平線との間の角度)である

南中高度が、最も高くなるため昼の長さが最も長くなります。


夏至の日の南中高度は、東京で78度になります。

ちなみに、最も昼の短い冬至の日の、東京の南中高度は32度です。

夏至と冬至では、南中高度に46度も違いがあります。


この南中高度の差が、昼の時間では5時間近くもの差になっています。

5時間近くの差というと、かなりの違いになりますね。


夏至のころが一番暑いわけではない理由

ここで、ちょっと疑問が出てきました。


夏至は、太陽の出ている時間が1年の内で一番長いということなんですが、

1年で一番暑い時期は夏至の頃よりあとの7、8月なのはなぜなんでしょう。

一番長く太陽が出ているということは、

そのエネルギーを一番たくさん地上は受けている

ということになると思うのですが。


それは、夏至の日の6月21日頃というと、日本では梅雨の真っ最中だからです。

梅雨の時期なので、基本的に天気の悪い日が多く、

日照時間は昼の長さの割に短いんです。

昼は長くても、日照時間が短ければ、

地上の受け取る太陽エネルギーは少なくなりますから、

それほど暖まりません。


また、地球の大気は暖まりにくく冷めにくい性質を持っているので、

時期にズレが出てくるということもあります。


日本の地域別の夏至の風習

さて、冬至だとゆず湯に入ったり、かぼちゃを食べたりといった風習がありますが、

夏至にもそういったものはあるのでしょうか?


冬至のように、全国的に行われているものはないようです。

ですが、地域で行われているものはあります。


尾張地方の一部では、イチジクに田楽用の味噌を塗って焼く、

無花果田楽を食べます。


大阪の一部では、夏至と半夏生(はんげしょう)の間にタコを食べます。

稲の根が、タコの足のようにしっかり根付くように、との願掛けですね。


関東地方では、新小麦で焼餅を作り、神様に供えます。


島根県、熊本県の各郡では、

小麦で団子やまんじゅうを作って、神様に供えます。


三重県伊勢市二見町では、

二見興玉神社(ふたみおきたまじんじゃ)の夏至祭が行われます。

夏至の頃だけ、二見浦にある夫婦岩の間から朝日が昇るということで、

日の出に合わせて祝詞を唱え海に入り、

夫婦岩に向けて歩く禊(みそぎ)の行事が行われます。


外国の夏至の風習

外国では、どうなのでしょう。

北半球では、夏至の日には性欲をかき立てられると言われています。

そのため、男女の出会いや恋に関するものが多いようです。


スウェーデンでは、夏至を祝うミッドサマーの祝日です。

メイポールという柱をたてて、その柱を囲んで踊り、

ニシン料理とウォッカで祝います。

未婚の女性が、7種類の花を枕の下に入れて眠ると、

未来の夫の夢を見るという言い伝えがあります。

あと、このミッドサマーの祝日から9カ月後に生まれる子供が多いそうです。


ギリシャ北部では、未婚女性がイチジクの木の下に自分の持ち物を置くと、

夏至の魔法によって将来の夫の夢を見るという伝承があります。

置く場所や物は違いますが、

スウェーデンとギリシャでは同じような言い伝えがあるのですね。

尾張地方の無花果田楽とギリシャのイチジクの木も、イチジクつながりですし。

調べてもわからなかったのですが、何かのつながりがあるのかもしれません。


その他には、ポーランドでは、

スラブ民族の祝日である「イワン・クパラの日」の夜には、

人々は恋に落ちるという言い伝えがあります。


イギリスでは、ストーンヘンジで夏至の祭りが行われます。

これは、ドルイド教から来ていて、

男性神と女性神の出会いを祝うという意味があるそうです。


夏至というと、太陽の力が最も強いと考えられていたので、

その影響から人間の本能が強く出てくると考えられていたのでしょうか。

男女の関係に関するものが多いというのも、興味深いですね。

スポンサーリンク