土用の丑の日とは?なぜ、うなぎを食べるのか?
Pocket

土用(どよう)の丑(うし)の日といえば、うなぎ(鰻)ですね。

最近、値上がりしてめったに食べられませんけど・・・。

まあ、それは置いといて。

土用って?

丑の日って何?

どうしてうなぎを食べるの?

ちょっと気になったので、調べてみました。

土用の丑の日とは

土用は夏だけじゃない

中国に五行説(ごぎょうせつ)というものがあります。

五行説とは、全てのものは

木、火、土、金、水の五元素

から成るという考え方です。


この五行説を季節にも当てはめた人がいて、

春に木、夏に火、秋に金、冬に水を当て、

残った土を季節の変わり目の各季節の最後約18日間に当てはめ、

土用」としました。


ということは、土用というのは夏にだけあるわけではありません。


土用は、四立(しりゅう)である立春、立夏、立秋、立冬、

それぞれの直前約18日間のことになります。


土用の入り(どようのいり)というのは、

その土用の期間の最初の日のことです。


土用の明け(どようのあけ)は、土用の期間の最後の日で、

四立の前日でもあるので、節分でもあります。


丑の日が2回あることも

丑の日の丑は、みなさんご存知の

十二支「子、丑、寅、卯、辰、巳、午、未、申、酉、戌、亥」の丑

のことです。


日付には、十二支が割り当てられていて、

丑の割り当てられた日のことを丑の日と呼びます。

ですから、土用の丑の日というのは、土用の期間中の丑の日ということですね。


土用の期間は約18日間なので、十二支を割り当てていくと、

2回ある日があります。


丑の日が2回ある年には、2回めの土用の丑の日のことを

二の丑(にのうし)

と言います。


夏の土用の丑の日に「うなぎ」を食べる理由

ところで、夏の土用の丑の日には、

昔から丑の日にちなんで「う」のつくものを食べると、

夏負けしないという言い伝えがありました。


他の季節の土用では、

春の土用は、戌の日に「い」のつくもの

秋の土用は、辰の日に「た」のつくもの

冬の土用は、未の日に「ひ」のつくもの

を食べると良いと言われていました。


このような言い伝えがあるのは、五行説が元になっているようです。


五行説には、

五元素の間にそれぞれ相手を生み出す「相生(そうしょう)」、

滅ぼす「相剋(そうこく)

という関係があります。


この相生と相剋の関係で、

各季節の土用の何の日に何の字のつくものを食べるのか、

決められているということのようです。


例えば、

春は木なので、土用の土とは「木剋土」という相剋関係になり、

土が弱くなりバランスが崩れるので、

金剋木」という相剋関係の秋の土用の金で、

春の木を抑えるという考え方です。


このとき、秋の土用は戌の月なので、

戌つながりで春の土用の戌の日に「い」のつくものを食べるということです。


夏の場合は火なので、

土用の土とは「火生土」という相生関係になり、

土が強くなりバランスが崩れるので、

水剋火」という相剋の関係の冬の土用の水で夏の火を抑えます。


冬の土用は丑の月なので、

丑つながりで夏の土用の丑の日に「う」のつくものを食べるというわけです。


それでは、夏の土用の丑の日に、

「う」のつくものを食べると良いとされていることはわかりましたが、

それがなぜ「うなぎ」なんでしょうか?


夏バテにうなぎが効くというのは、奈良時代にはもう知られていたようです。


大伴家持の万葉集の和歌に、

「石麿呂に 我れ物申す夏痩に、よしというものぞ 鰻捕り喫せ」

というものがあるそうです。


この歌の内容が、夏バテにはうなぎが効くというものだそうです。


ただ、この時代に土用という言葉はなかったそうなので、

土用の丑の日にうなぎの始まりではないとのことです。


では、土用の丑の日にうなぎを食べるようになったのは、

どうしてなのでしょう。


それには、いくつかの説があるようです。

調べてみて、よく出てきたのが次の説です。


江戸時代、うなぎ屋がうなぎが売れないので平賀源内に相談しました。

すると、平賀源内は

「本日、土用丑の日」という貼り紙を店頭に貼るという案を出し、

それが当たってうなぎ屋は繁盛したので、

他のうなぎ屋も真似をして風習として残ったというものです。


宣伝ということでは、似ている説が次のものです。


蜀山人(しょくさんじん)という号でも呼ばれる

狂歌師の大田南畝(おおたなんぽ)が、うなぎ屋に頼まれて

「土用の丑の日にうなぎを食べたら病気にならない」

という内容の狂歌を作って宣伝したというものです。


宣伝とは関係ない説もあります。


うなぎ屋の「春木家善兵衛」は、

藤堂という大名から大量のうなぎの蒲焼きの注文を受けました。

その注文のうなぎの蒲焼きを、

子の日、丑の日、寅の日の3日かけて焼きました。


焼きあがったうなぎの蒲焼きの中で、

丑の日に焼いたものだけが変質しなかったので、

うなぎの蒲焼きは丑の日が良いということになったというものです。


どの説が本当なのかわかりませんが、

うなぎが夏バテ予防に良いというのはわかっていますので、

土用の丑の日にはうなぎを食べたいですね。


それには、うなぎの値段が下がってくれないと。

うなぎの完全養殖が商業ベースにのるまで、

値下げは難しいかもしれないですけど。

そんな日が早く来ますように。

スポンサーリンク