Pocket

レンギョウの木は、本来のレンギョウではない!?

レンギョウ(連翹)」とは、モクセイ科レンギョウ属の落葉性の低木です。


原産国の中国では、連翹という名は

トモエソウ(巴草)」もしくは「オトギリソウ(弟切草)

を指します。


しかし、日本では伝来時に現在のレンギョウの木に誤用され、今に至ります。

レンギョウの本当の中国名は「黄寿丹」です。


種類としては、よく庭木や垣根に用いられるものとして、

中国や朝鮮半島原産の「レンギョウ」、「シナレンギョウ(支那連翹)」、

チョウセンレンギョウ(朝鮮連翹)」があります。

日本でレンギョウというと、これら3種を指します。


その他に、日本では切り花として多く流通している、

インテルメディア」という種があります。

これは、レンギョウとシナレンギョウを交配した、

ドイツで作り出された種です。


日本原産のものには、

中国地方の石灰岩地に自生する「ヤマトレンギョウ」、

小豆島の石灰岩地に自生する「ショウドシマレンギョウ」があります。

これらは、開花時期が4~5月頃と他の種と比べて遅いです。


レンギョウの実は、生薬としても使われています。

生薬名は連翹で、消炎、利尿、解毒の作用があります。


レンギョウの花言葉

最後に、レンギョウの花言葉です。

集中力

希望

かなえられた希望

希望の実現

豊かな希望

情け深い

とまどい

遠い記憶

楽しい語らい

言いなりになる

スポンサーリンク