Pocket

フォイエルバッハの人生

ルートヴィヒ・アンドレアス・フォイエルバッハ

(Ludwig Andreas Feuerbach)

は、キリスト教を批判した、ドイツの哲学者です。


フォイエルバッハは、1804年7月28日に、

神聖ローマ帝国バイエルン選帝侯領ランツフート

(現在のドイツのバイエルン州ランツフート)で、

刑法学者アンゼルム・フォイエルバッハの四男として生まれました。


1823年にはハイデルベルク大学で、1824年にはベルリン大学で神学を学びましたが、

ベルリン大学でヘーゲルの講義を聴き、その影響から哲学の研究を始めました。


1828年には、「統一的・普遍的・無限的理性について」という論文で、

哲学の博士号を取得。

エアランゲン大学の私講師(しこうし)となりました。


私講師というのは、教授職に就いていないけれど、

教授資格を持ちつつ講義をしている人のことです。

私講師は、大学から給料をもらうのではなく、

講義を聴いた学生から聴講料をもらいます。


1830年、「死および不死についての考察」を匿名で出版。

その本は、伝統的なキリスト教を批判する内容ということで大問題となり、

著作者がフォイエルバッハだということがばれたため、

私講師を首になりました。


その後は、公職に戻ることはできず、著述家として生計を立てていきました。

1837年に、陶磁器工場の経営者である女性、ベルタ・レーヴと結婚して、

著述家の活動に打ち込めるようになりました。


フォイエルバッハは、著述家になってから、ヘーゲル哲学の批判を始めました。

1839年には、青年ヘーゲル派(ヘーゲル左派)の機関誌「ハレ年報」に、

「ヘーゲル哲学批判のために」を発表してします。

1841年、「キリスト教の本質」を刊行。

1843年、「哲学改革のための暫定的テーゼ」「将来の哲学の根本命題」を刊行。


フォイエルバッハは、人間主義的唯物論の代表的存在となりました。


1860年、妻の工場がつぶれて、経済的に厳しくなりました。

ですが、友人たちの働きもあって、

シラー財団の援助を受けられるようになりました。

1866年、「唯心論と唯物論」を刊行。

以後は病床に就き、1872年9月13日レッヒェンベルクで亡くなりました。


フォイエルバッハのキリスト教批判

それでは、フォイエルバッハのキリスト教批判というのは、

どのようなものだったのか、見ていきたいと思います。


フォイエルバッハは、主著の一つ「キリスト教の本質」で、

人間は自分の姿に似せて神を作った

としています。


純粋で完全無欠な神は、人間の悟性の本質である。

道徳的に完全な神は、人間の良心である。

そうでなければ、神に罪を告白したり、神を恐れたりできない。


神の人間に対する愛は、人間の人間に対する愛である。

人間は、人間の人間に対する愛以外の愛を、想像できない。

だから、神の愛とは人間の愛である。


フォイエルバッハは、こういった点などを挙げながら、

人間と人間の神とは同一であるとしています。


また、信仰と人間の理性、徳、愛には矛盾があるとしています。

まず、神は超感性的存在で実存するという教義が、

人間の理性と矛盾しています。


五感を通して把握することができなければ、

存在するということはできないのに、

五感で把握できない神が実在しているということが、

理性的に矛盾しているということです。


徳には神に対する信仰が必要だとすることは、

徳は神に基礎づけられているということになります。

そのことが、人間に内在する徳性を否定することになり、

人間の徳と矛盾します。


キリスト教の信仰では、人間が人間を愛するのは、

神が人間を愛したからにすぎません。

ということは、愛は人間に基づかないということになり、

人間の愛と矛盾します。


このような矛盾から、キリスト教の信仰の中では、

信仰と人間の理性、信仰と人間の徳、信仰と人間の愛は対立します。


さらに、人間の幸福や希望は、キリスト教の信仰の中では、

現実の生活の中にはありません。

キリスト教での、人間の幸福や希望は、永遠の命をあずかることで、

その永遠の命は、信仰していれば神から与えられるからです。


こういったことから、キリスト教を批判し、

神と人間の関係をひっくり返さなければならないとしています。

それは、人間に最も価値があるんだということでしょう。

そのような思想は、

カール・マルクスやフリードリヒ・エンゲルスに影響を与えました。

スポンサーリンク