Pocket

テングじゃなくてデング熱

少し前の2014年1月10日に、日本を周遊したドイツ人が、

帰国後デング熱を発症したとのニュースがありました。


デング熱、聞いたことのある病名だなあと思い、

そういえば昔「テング熱」と間違って覚えていたことを思い出しました。

名前と伝染病だということも覚えてはいるのですが、

どんな病気なのかはさっぱりわかりません。


ニュースでは、60年ぶりに日本国内で感染した可能性もあると書いてあったので、

どんな病気なのか知っておく必要があると思い調べてみました。


「デング熱」とは、「デングウイルス」による感染症で、

熱帯・亜熱帯地方のアジア、オセアニア、中南米、アフリカで多くみられます。


人から人へ直接感染はしませんが、

ネッタイシマカやヒトスジシマカなどのやぶ蚊を媒介として、

人から人へ感染します。


潜伏期間は3~14日(通常4~7日)で、38℃以上の急な発熱で発症します。

他には、筋肉痛、頭痛、眼の奥の痛み、倦怠感、吐き気や嘔吐、

発病から3~5日ぐらいに「はしか」や「風疹」に似た発疹などの症状が現れたりします。


通常は、1週間程度で熱は下がり、回復します。

ですが、一部には熱が下がりはじめたころ、

鼻出血、歯肉出血、皮下出血など出血症状やショック症状を呈し、

重症化することがあります。


重症化すると、「デング出血熱」や「デングショック症候群」となります。


重症化したら早めに受診

重症化した場合、

早期に適切な処置を受けることができれば死亡率は1%前後ですが、

処置を受けられなかった場合数十%にもなりますので、

早めに受診しましょう。


デングウイルスは、1~4型の4つの型があり、

かかった型に対して免疫ができますが、

他の型に対する免疫はできません。


デング熱にかかって回復した人が、他の型のデングウイルスに感染した場合、

重症化するリスクが増えます。


治療法としては、デング熱に対する特別な治療薬はないので、

対症療法になります。

その際、解熱鎮痛薬として「アスピリン」は絶対使ってはいけません


また、ワクチンや予防薬もないため、

予防としては蚊に刺されないようにすることしかありません。


蚊に刺されなければ、デング熱に感染しない

もし、デング熱にかかる可能性の高いところに行った場合には、

皮膚の露出を少なくする。

虫除けスプレー(DEETを30%以上含むものが効果が高いそうです。)、

殺虫剤、蚊取り線香などを使う。

「スコーロン」という防虫効果のある生地を使った服などを身につける。


蚊帳を使う。

といった工夫をしたほうがよいでしょう。


それでも、帰国後デング熱が発症してしまったら

早めに病院に行って適切な処置を受けましょう。

そして、外出も控えるようにしましょう。

デングウイルスを媒介するヒトスジシマカは、日本にも生息していますので。