ディーゼルエンジンの特徴
Pocket

近年、日本でも乗用車にディーゼルエンジンを、載せた車種が増えてきました。

排ガス規制の強化によって、

乗用車用のディーゼルエンジンは一時期廃れたのですが。


乗用車のエンジンの主流はガソリンエンジンで、

ディーゼルエンジンにはあまり馴染みがありません。

そこで、ディーゼルエンジンの特徴をちょっと調べてみました。


ディーゼルエンジンのメリット・デメリット

ディーゼルエンジンには、ガソリンエンジンと比較すると、

次のような特徴があります。





熱効率が良い

熱効率とは、燃料を燃焼させることで発生したエネルギーを、

どれだけ動力として取り出せたかを表したものです。


自動車用エンジンで比べると、

ディーゼルエンジンは40%ぐらいで、

ガソリンエンジンは30%ぐらい

と言われています。


この違いは、ディーゼルエンジンのほうが圧縮比を高くできるからです。

ディーゼルエンジンの圧縮比は、

自然発火(自己着火)しやすいように20前後なのに比べ、

ガソリンエンジンの圧縮比は高くても11程度です。


燃費が良い

熱効率が良い分、燃費も良くなります。

ガソリンエンジンに比べ、2~3割良いです。


CO2の排出量が少ない

燃費が良いだけディーゼルエンジンのほうがCO2排出量は少なく、

石油から精製する時も、軽油の方がCO2の排出量が少ないため。


トルクが大きい

軽油は自然発火で燃焼するため、火花で点火するガソリンに比べ、

燃焼がゆるやかに広がるので、燃焼時間が長くなり、

高い圧力が発生している時間が長くなるから。


故障が少ない

ガソリンエンジンのように、燃料に火をつけるための点火装置がいらないのと、

高圧縮に耐えられるよう、頑丈に作ってあるため。


価格が高い

頑丈に作らなければいけないため。

排気ガスを浄化する装置に、ガソリンエンジンよりコストがかかるためなど。


重い

頑丈に作られているから。


高回転まで回らない

圧縮比を高くするために、ロングストロークになるため。

燃焼時間が長いから。


音が大きい

ピストンなども頑丈で重く、ロングストロークなため。


NOx(窒素酸化物)やスス(PM)の排出量が多い

圧縮された高圧空気に、燃料を噴射し自然発火させているため、

不完全燃焼になりやすいから。


これらの特徴にあるメリットとデメリットを比べ、

メリットのある分野でディーゼルエンジンは使われています。


自動車用エンジンでは、

技術の向上によりデメリットを減らすことができてきたので、

ディーゼルエンジンの使用割合が高くなってきているということですね。

スポンサーリンク