アルツハイマー病の症状
Pocket

先日、アルツハイマー病の予防法について書きましたが、

もしかかってしまっても、症状を知っていることで、

早期発見が可能になるかと思います。

早期発見できれば、症状の進行を抑えられる可能性は高くなりますから、

症状を知っておいたほうがいいと思います。

それでは、アルツハイマー病の症状にはどんなものがあるのでしょう。





早期発見のために、アルツハイマー病の症状を知ろう

次のような症状が認められた場合、アルツハイマー病を疑ってください。

勉強したことや新たに知り合った人の名前など、新しいことを覚えられない

物や人の名前を思い出せない

同じことを何度も言ったり聞いたりする

身だしなみに気を使わなくなる

よく知っている道に迷う

片付けがうまくできなくなる

置き場所、しまい場所を忘れて、探しものが多くなる

約束を忘れたり、日時、場所を間違える

怒りっぽくなった

頑固になった

趣味や興味のあることなど、好きな事に無関心になった

会話がうまくできなくなった

などです。

ただ、これらの症状が見られても、

アルツハイマー病であるとは限らず、似た症状の他の病気ということもありますので、

医師の診断を受けたほうが良いと思われます。

また症状には段階があるようなので、その段階というのを挙げておきます。





アルツハイマー病の症状には、段階がある

軽度認知障害(アルツハイマー病の前兆、前触れなどとも言われます)

アルツハイマー病の予備段階です。

抑うつ状態、不安感、睡眠障害、幻視妄想、軽い人格変化、自覚のある軽い物忘れなどが見られますが、生活するのに支障のない程度です。

第一期健忘期とも言われます)
健忘症状、空間的見当識障害(道に迷う)、徘徊などが見られるようになります。

第二期混乱期とも言われます)
高度な知的障害、失語(言葉を理解できない、言葉が出てこない)、失認(目に見えているものを、見えていると認識できない)、失行(やり方を知っているのにできない)、錐体外路症状(体をスムーズに動かせない)などの症状が見られるようになります。

第三期臥床期とも言われます)
寝たきりの状態で、末期になります。

失禁、拒食・過食、痙攣、反復運動、失語などの症状が見られ、介護が必要となります。