Pocket

七五三には千歳飴

昨日、11月15日は七五三のお宮参りの日でした。

七五三といえば、千歳飴ですね。

子供には嬉しいですよね。

きれいな模様の袋に入っていて。


とろこで、なぜ七五三には千歳飴なんでしょうか。


千歳飴の始まりは?

これには2つ説があるようです。


1つは、江戸時代に浅草で飴売りの七兵衛という人が、

千年飴」とか「寿命糖」といった名前をつけて、

売り歩いたのが始まりという説。


もう1つは、大阪の平野甚左衛門という人が、

江戸に出て売り始めたという説です。


どちらにしろ、千歳飴には

子供の成長を祝うと同時に、長寿の願い

が込められています。


そのため、縁起の良い紅白で細く長い飴にしてあります。

また、袋にも縁起の良い鶴亀や松竹梅が描かれています。


今は、キャラクターが描かれたものもあったり、

短い飴もあったりするみたいです。


あと、

千歳飴の本数は、お祝いしたお子さんの年齢と同じ本数

だそうです。


そして、千歳飴は子供が食べるだけでなく、

親戚や近所に配って福を分けたり、

七五三のお祝い返しに使われたりします。

そのあたりは、地域によって違いがあったりするそうです。

スポンサーリンク