Pocket

どんど焼きとは

どんど焼き(他にとんど焼き左義長など様々な呼び名があります。)とは、

小正月(こしょうがつの1月14の夜または15日に、

松の内が終わって下げた門松、注連(しめ)飾りなどの 正月飾りや

書初めを燃やす火祭です。

(松の内が1月15日までの地域では、1月15日もしくは20日に行われます。)


その火で、地域によって餅もしくは団子を焼いて食べると、

1年を無病息災で過ごせると云われています。

また、焼いた書初めが高く上がるほど、上手になるとも云われています。


何のためにどんど焼き行うのかについては、

煙に乗って年神様が帰られるのを見送るという説があります。

お盆に先祖の霊を迎えたり送ったりするときに、

火を燃やすのと同じような感覚なのでしょうか。


道祖神の祭とするところも

地域によっては、道祖神の祭りとする地域があります。

道祖神とは、村の境界や道の辻(十字路)、三叉路などに、

石碑や石像で祀られている神様のことです。


道祖神ではなく、

サイノカミ

(サエノカミとかサヘノカミというところもあります。さいの神、才の神、歳の神、賽の神、塞の神とも。)

の祭りというところもあります。


平安時代の「今昔物語集」では、

「道祖神」を「サイノカミ」と読ませていますので、

昔から道祖神とサイノカミは同一視されていたようです。


道祖神は、性の神であり、防災の神でもあるので、

道祖神を祀ることで子孫繁栄、災害除けを願ったのでしょう。


どんど焼きの起源

どんど焼きの起源は、いろいろあるようですが、

調べている時に多く見うけられたのが、

平安時代の宮中行事が元になっているというものです。


その宮中行事とは、宮中の清涼殿の東庭で、

青竹を束ねてたて毬杖(ぎっちょう)を3本結んで円錐形に組み、

その上に扇子、短冊や吉書を添えて、

陰陽師が謡いはやしながらこれを焼いて、

その年の吉凶を占ったというものです。


毬杖というのは、槌のような頭を持った杖で、

今で言うとゲートボールのスティックみたいなものでしょうか。

正月遊びに、毬杖で毬を打ち合うホッケーのようなものがあったそうです。


この毬杖を3本結ぶので、この宮中行事のことを

三毬杖(さぎちょう)

と呼んだとのことです。


「三毬杖」が「左義長」と変わったのは江戸時代だそうです。


となれば、元々は左義長と云われていたのが、

どんど焼きと云われるのが主流になったということでしょうか。


なぜ「左義長」という字が当てられたかについては、

当て字という説の他に俗説があります。


その俗説とは、

『仏教と道教との優劣を試みるため、仏教の書を左に、道教の書を右において焼いたところ、仏教の書が残り、「左の義長ぜり」という「訳経図記」にある故事から』

というものです。


まあ仏教の書と道教の書と比べると、

よく知りませんが個人的には仏教のほうが、

霊的な力が強そうなイメージは有ります。


ですが、良さそうな字を当てた単なる当て字というのもありがちなことのように思います。

あと「さぎちょう」という漢字には、「鷺鳥」「爆竹」というのもあります。


地域によって呼び名が違う

最後に呼び名についてですが、

地域によっていろいろな呼び名がありますので、

調べることのできた分だけざっと挙げておきます。

呼び名

・あわんとり(千葉・茨城南部)
・お焚き上げ
・鬼火焼き(九州)
・おんべ焼き(おんべ)
・御柴灯(おさいとう)(さいと焼き)(さいとう焼き)
・かあがり(長野県南佐久郡小海町、南佐久郡南相木村、北相木村)
・かんじょ(新潟県村上市岩船)
・才(歳)の神焼き
・さぎっちょ(富山、石川、福井、高知、福岡、岐阜)
・三九郎焼き
・しんめいさん(広島県東広島市安芸津町)
・道祖神祭り
・とうどうさん(愛媛県、東予地方)
・とんど(広島県、岡山県)
・とんど焼き
・どんと
・どんどや(九州)
・とんどさん(鳥取県)
・どんどろ祭り
・ほっけんぎょう(九州/福岡)
・ほじょり
・やははいろ(東北)
・左義長

スポンサーリンク