ご機嫌の語源
Pocket

ご機嫌」というと、気分の良い様子のことだと思うのですが、

なぜ「」という似つかわしくない文字が使われているのでしょうか?


元々は、あまりいい意味ではなかった

「機嫌」という字は、もともと「譏嫌」と書いていました。


譏嫌の意味は、

そしり(譏り)嫌うこと(他人を非難し、嫌うこと)

です。


やはり、元はあまりいい意味の言葉ではないのですね。



仏教からきていた

この譏嫌という言葉は、仏教の戒律からきた言葉です。


「大般涅槃経」聖行品第七之一に「息世譏嫌戒」という戒律からきています。

この戒律は、他人からそしり嫌われないようにするための戒律の一つです。


息世譏嫌戒には、

他人を不愉快にするような言動は慎みなさい

という意味があります。


この戒律にあるように、他人から譏嫌されないようしましょう。

そのためには、

行動を慎み人の心の動き(機)をうかがい察する

ことが必要です。


そういったことから、

「譏」を「機」に替えて「機嫌」と書くようになったそうです。


それが、後に気分の良し悪しを指すようになり、

現在のような意味で使われるようになったとのことです。

スポンサーリンク