Pocket

NPOとNGOの違いって?NPONGOって、ニュースとかでよく見聞きするようになりましたが、違いってなんでしょう?

NPOとかニュースに出始めたころに、聞いたことがあるような気がするのですが、全く思い出せません。

ということで、気になったのでちょっと調べてみました。

 

NPOとは、「Non Profit Organization」の略で、「非営利組織」と訳されています。

非営利というのは、利益をあげないということではなく、利益を再分配しないということだそうです。

組織が活動することで得られた売上げから、人件費などの経費を引いた後の利益を、一般の企業のように株主や社員に分配せず、事業活動費用とするのがNPOということのようです。

ですから、組織内には給料をもらって働いている方もいます。

NPOって、給料もらえるんですね。

知りませんでした。

てっきり、無給で働いている方ばかりだと思ってました。

スポンサードリンク


それでは、どんな組織がNPOにあたるのでしょう。

広い意味では、社団法人、財団法人、医療法人、社会福祉法人、学校法人、宗教法人、中間法人、協同組合、地域の自治会などになります。

狭い意味では、ボランティア団体や市民活動団体です。

個人的には、狭い意味のほうの団体をNPOだと思っていました。

ニュースとかでは、さらに狭くNPO法人のこと指しています。

 

NPO法人とは、社団法人の一種で、NPO法に基づいて都道府県や指定都市の認証を受けて設立された法人のことです。

NPO法は、正式名称を「特定非営利活動促進法」といって、1998年3月に成立し、同年12月に施行されました。

NPO法人は、「特定非営利活動法人」のことで、「特定非営利活動」を行い、不特定多数の人のための利益(公益)の増進に寄与する法人のことです。

ここでいう特定非営利活動というのは、次の20種類です。

・保健、医療又は福祉の増進を図る活動
・社会教育の推進を図る活動
・まちづくりの推進を図る活動
・観光の振興を図る活動
・農山漁村又は中山間地域の振興を図る活動
・学術、文化、芸術又はスポーツの振興を図る活動
・環境の保全を図る活動
・災害救援活動
・地域安全活動
・人権の擁護又は平和の推進を図る活動
・国際協力の活動
・男女共同参画社会の形成の促進を図る活動
・子どもの健全育成を図る活動
・情報化社会の発展を図る活動
・科学技術の振興を図る活動
・経済活動の活性化を図る活動
・職業能力の開発又は雇用機会の拡充を支援する活動
・消費者の保護を図る活動
・前各号に掲げる活動を行う団体の運営又は活動に関する連絡、助言又は援助の活動
・前各号に掲げる活動に準ずる活動として都道府県又は指定都市の条例で定める活動

NPO法人は、非課税だと思われていたりしますが、法人として行っている事業が税法上の収益事業に当たれば課税対象になります。

 

次にNGOです。

NGOとは、「Non Governmental Organization」の略で、「非政府組織」と訳されます。

もともとは、国連で使われ始めた言葉で、各国政府以外の立場、一国の利害を越えた立場での参加を認めた民間非営利団体のことです。

で、国連に関係するNGOには、国連憲章71条に基づく協議資格を持つNGOとそうでないNGOがあります。

協議資格を持つNGOは、経済や社会問題に関する議決や勧告を行うECOSOC(国際連合経済社会理事会)の活動に関係しています。

そうでないNGOは、ECOSOC(国際連合経済社会理事会)以外の国連組織の活動に関係しています。

ただ、現在はもっと幅広い意味で、国際協力、環境、人権といった国境を越えた活動をする団体のことを指します。

 

非政府組織で民間非営利団体というと、世界各国の国益ではなく、地球規模での公益に寄与する活動をするのが目的ということになるのでしょう。

だからといって、国境を越えた活動だけが地球規模での公益に寄与するわけではないと思います。

目的が地球規模での公益に寄与するのであれば、国内だけの活動でもNGOといえるのではないでしょうか。

 

まあこう調べていくと、NPOとNGOって全く別のものでもないようです。

日本ではNGOを法人化できる法律はありませんが、NGOでも設立条件を満たせばNPO法人になれますし。

単に、民間の立場を重視して呼ぶときはNGO、非営利を重視して呼ぶときはNPOとしているだけのようです。

スポンサードリンク