Pocket

GC8のシリンダブロックを交換(1)GDB用の6速ミッションに交換して、特に不具合はないのですが、

エンジンにミッションを接続するボルトが、4本なのがちょっと不安でした。

そのため、GC8F型以降(EJ207)のシリンダブロックに交換したいと思いつつ、

オークションで出物がないかチェックしていました。

 

できれば、GDB以降のセミクローズドデッキのシリンダブロックがいいのですが、

走行距離が10万km以上でも、落札価格がほぼ10万円以上なので、購入後の

オーバーホールの必要性を考えると、ミッション交換にお金を使ってしまった現状では、

金額的に難しいのが現実です。

ですので、GC8のF、G型のオープンデッキでもとりあえずいいかなということで、

安い出物を探していました。

スポンサードリンク


 

まあ、お金の都合もあるので、ゆっくり探そうと思っていたところ、

5万kmほどの走行距離の、GC8G4EDのリビルトエンジンが見つかりました。

お金の都合がついたわけではないのですが、この走行距離なら、オーバーホール費用

も抑えられるかもと、送料等込みで、8万円ほどで購入してしまいました。

 

エンジンなどの大物は、個人宅には送ってもらえないので(送ってもらっても運べません

が)、ミッション交換をやってもらった整備工場に連絡して、送り先を整備工場に

させてもらいました。

 

そうはいっても、お金の都合がついたらなんて、いつになるかわからないときまで工場に

エンジンを置いてもらうわけにもいかないので、工場の都合の良いときに、シリンダブロ

ック交換の作業を始めてもらうことになりました。

 

最初は、走行距離からみて、程度が良い可能性が高いので、購入したリビルトエンジンを、

そっくりそのまま載せてしまおうかとも思い、足りない部品(インマニ、インタークーラ、

ボンネット、ヘッドライト、ラジエータグリル等)も購入しました。

 

ですが、調べてみるとISCバルブが違うなど、コンピュータも換える必要があるようで、

そうなるとハーネスなども手に入れなければなりません。

ということで、ハーネスの出物がないかオークションをチェックしていましたが、

エンジンルームからECUまでのハーネスとなると、全く見つかりません。

 

そうこうしているうちに、作業を開始することになってしまったので、エンジン載せ替え

は断念し、インマニやシリンダヘッドは現状のまま、シリンダブロックだけ交換すること

になりました。

 

GC8のシリンダブロック交換(2)へ続く

スポンサードリンク