Pocket

FC-Datalogitを接続してみたFC-Datalogitが届いてから2週間ほど経って、ようやくパワーFCに接続して、パソコンにインストールしたセッティング用ソフト「FC-Edit」の動作を確認してみました。

GC8は、現在シリンダブロックの交換と車検のため、自宅から90km離れた整備工場に入院中です。

車で往復3時間はかかるので、ちゃんと日程を明けて行かないといけないため、こんなに遅くなってしまいました。

もし不具合があった場合、交換などしてもらう必要があるので、もっと早く接続してみたかったのですが、都合がつかなかったので仕方ないです。

 

それでは、パワーFCとFC-Datalogitとノートパソコンの接続手順です。

1.バッテリのマイナス端子を外しておきます。

多分大丈夫だと思いますが、何かあってパワーFCやFC-Datalogitが壊れても嫌なので。

 

2.パワーFCからFCコマンダを外し、FCコマンダの接続口にFC-Datalogitを接続します。

下の写真のように接続するだけなんですけど、FC-Datalogit側のコネクタが大きめで、すんなりとははまりませんでした

コネクタの端子を曲げてしまわないよう、気をつけながら何回もはめようとしたので、少し時間がかかりました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

スポンサードリンク


3.FC-Datalogitに、FCコマンダとシリアルケーブルを接続します。

こちらは、問題なくすんなり接続出来ました。

シリアルケーブルには、コネクタ部分に手で締められるネジがついているので、コネクタが外れないようネジを締めておきます

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

4.シリアルケーブルとUSB-シリアル変換器を接続します。

これも特に問題ありませんでした。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

5.USB-シリアル変換器をノートパソコンに接続します。

USB-シリアル変換器には、USB延長ケーブルがついているのですが、シリアルケーブルが十分に長かったので、延長ケーブルは使用しませんでした。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

6.ノートパソコンのWindowsを起動して、エンジンをかけ、USB-シリアル変換器を認識させる。

説明書にもありますが、WindowsXPでは認識させる際、変換器に付属しているCDより、デバイスドライバをインストールする必要があります。

Windows7、8.1では、何もしなくても自動的に認識しました。

デバイスマネージャで、WindowsにUSB-シリアル変換器が認識されたかを確認します。

 

デバイスマネージャを表示させるのは、以下のような手順になります。

WindowsXPの場合

デスクトップ上のマイコンピュータのアイコンを右クリックし、表示されたドロップダウンメニューのプロパティをクリックします。

表示されたウィンドウの「ハードウェア」タブをクリックします。

「デバイスマネージャ」ボタンをクリックすれば、デバイスマネージャのウィンドウが表示されます。

Windows7、8、8.1の場合

コントロールパネルを起動し、「システムとセキュリティ」をクリックします。

「システム」の蘭に、「デバイスマネージャ」という項目が表示されているので、それをクリックすればデバイスマネージャが表示されます。

 

認識されていれば、「ポート(COMとLPT)」をクリックすると、「USB Serial Port」というデバイスが表示されます。

 

7.FC-Editを起動する。

FC-Editを起動させたら、メニューの「Setup」の「Port」でCom1~Com8のうち、1つにチェックマークがついていることを確認します。

1つもチェックマークがついていなければ、FC-Editの方ではUSB-シリアル変換器を認識していないことになるので、「Auto Detect」をクリックします。

それでもダメな場合は、私にはちょっとわかりませんので、説明書等を調べてみてください。

FC-Editが変換器を認識できていれば、パワーFCと通信できるので、FC-Editウィンドウ下部の「Read All」ボタンをクリックし、現在のパワーFCのセッティングデータを読み込みます。

起動画面

読み込んだら、こんな画面になります。

読込後画面

このデータは、何かあったらすぐに元に戻せるよう保存しておきます。

メニューの「File」の「Save As」をクリックし、ファイル名と保存場所を設定して、「保存」ボタンをクリックすることで保存できます。

ログは、メニューの「Log」の「Start」をクリックすればログの記録開始、同じく「Log」の「End」をクリックすれば記録終了します。

ログをファイルとして保存するには、メニューの「Log」の「Save As」をクリックして、ファイル名と保存場所を指定して、「保存」ボタンをクリックします。

 

とりあえず、ここまではうまくいったので、FCコマンダを操作してみたところ、こちらも問題なく動作していました。

これで、送られてきたFC-Datalogitに初期不良はなさそうと判断できたので、ホッとしました。

もし、何かあればまた英語で問い合わせしないといけませんし、英語の回答メールを解読して、何らかの対処をしなければいけなかったわけですから。

考えるだけでも、気の重くなることなので、何の問題もなくてよかったです。

あとは、早く車が出来上がってくるもの待つだけです。

FC-Editを使って、セッティングできる日が来るのが、待ち遠しいです。

スポンサードリンク