Pocket

e-Taxで確定申告するのに必要な準備確定申告」の時期が近づいてきました。

確定申告というと、昨年の1月1日~12月31日までに得た所得と所得税額を計算して、2月16日~3月15日の間に申告と納税をすることです。

この確定申告の時期になると、テレビで「e-Tax」の利用促進の番組・CMが増える時期でもあります。

テレビでは、「e-Taxは簡単にできる」という放送内容だったりしますけど、e-Taxを利用するにはどんな準備がいるのでしょうか。

ここから、e-Taxの利用に必要な準備について書いていこうと思いますが、源泉徴収された所得しかない方(サラリーマンなど)でも、所得税を控除される場合(年末調整以外)もあります。

どのような場合に所得税を控除されるのか、まずそちらを先にについて書きます。

※以下の内容は、2014年1月27日に確認できたものであり、今後変更される可能性がありますので、国税庁のHPなどでご確認ください。

確定申告をしたほうがよい場合

・医療費控除

医療費の支払いが10万円以上ある方

生計を一にする家族の医療費の合計が10万円以上ある方

医療費の支払いが10万円以下でも、年間の合計所得金額の5%を超えている方

・住宅ローン控除

以下の要件をすべて満たす必要があります。

1.取得日から6ヶ月以内に住んで、控除の適用を受ける年の12月31日まで引き続いて住
んでいること

2.控除を受ける年の合計所得額が3千万円以下であること

3.住宅の床面積が50平方メートル以上であり、床面積の2分の1以上が自己の居住用であ
ること

4.10年以上にわたるローンなど分割返済する借入金があること

5.居住した年とその前後2年ずつの通算で5年間に、住宅用財産を譲渡した場合の長期
譲渡所得の課税の特例などの適用を受けていないこと

その他、中古住宅の場合、増改築の場合などもあります。

※これら控除の要件について、詳しくは国税庁のHPをご覧ください。
医療費控除の要件についてはこちら
住宅ローン控除の要件についてはこちら

それでは、e-Taxの利用開始に必要な準備について書いていきます。

・住民基本台帳カードを取得

市町村役場で申し込んで取得します。

即日交付される地域とできない地域があります。

私の住んでいるところでは、2週間程かかりました。

有効期限は10年です。

・公的個人認証サービスに基づく電子証明書の取得と登録

市町村役場にて、住民基本台帳カードの取得後に発行してもらいます。

有効期限は3年です。

e-TaxのHPの「確定申告書等作成コーナー」にて、電子証明書の登録を行ってください。

・インターネットに接続できるパソコンを用意

e-Taxに使用するパソコンです。

・ICカードリーダの導入

使用するパソコンに接続して、ドライバをインストールします。

ICカードリーダにて、住民基本台帳カードをパソコンから読めるようにするためです。

・JRE(Java実行環境)の導入

公的個人認証サービスのHPの「JRE(Java実行環境)の導入方法」というページから、
使用するパソコンにダウンロードしてインストールします。

・公的個人認証クライアントソフトのインストール

公的個人認証サービスのHPの「公的個人認証サービスのHP」というペー
ジにて、使用するパソコンに公的個人認証クライアントソフト(JPKI利用者ソフト)を
ダウンロード後イントールします。

その後、Java実行環境への登録を行います。(スタートメニューの公的個人認証サービ
スのメニューの[ユーティリティ]内にあります。)

・Adobe Readerを使用するパソコンに導入

完成した申告書等を確認する際に必要になります。

・開始届出書の提出と利用者識別番号の取得

e-TaxのHPの「e-Taxの開始(変更等)届出書作成・提出コーナー【事前準備】」にて、
ページに書いてあるとおりの手順で、開始届出書を提出し利用者識別番号を取得してく
ださい。

以上が準備出来ましたら、e-TaxのHPから確定申告の作成を始めます。

あと、e-Taxを利用するパソコンの推奨環境については、以下のようになります。

・OS

WindowsXP以降

MacOS 10.6~10.8

・ブラウザ

InternetExplorer8.0~11.0

Safari 5.1、6.0

これら推奨環境でない場合、利用できないと思ってもらってよいと思います。

私自身、Windows7上のFirefox26.0で電子証明書の再登録などの処理を行ってみましたが、表示がおかしかったり、ボタンをクリックしても動作しなかったりしましたので。

e-Taxを利用するためには、このような準備が必要で結構面倒ですが、次のようなメリットがあります。

e-Taxのメリット

・確定申告会場にいかなくてもよく、24時間受け付けてもらえる。

・還付金の返還が通常より早い。

・所得税額から最高3000円の税額控除がある。

・添付しなくてもよい証明書がある。

源泉徴収票(支払調書)、医療費の領収書など。

ただし、後日税務署から提出を求められた場合、提出しなければいけませんから、申告
期限後7年間は保存しておいてください。

この中で、確定申告会場にいかなくてもよく24時間受け付けつけてもらえるのと、還付金の返還が早いのが、私にとってとてもメリットがあり、e-Taxやってよかったと思っています。

準備は少々面倒ですが、頑張ってみてください。

スポンサードリンク