Pocket

A群溶血性レンサ球菌咽頭炎とは(1)A群溶血性レンサ球菌咽頭炎(えーぐんようけつせいれんさきゅうきんいんとうえん)

毎年ではないですが、流行していると新聞に出ることがあります。

なんだかすごく長くて難しい名前で、怖い病気な感じがするのですが、

新聞の記事を読んでも、それほど怖い病気には思えません。

実際、どんな病気なんでしょう。

気になったので、調べてみました。

 

A群溶血性レンサ球菌咽頭炎は、A群β溶血性レンサ球菌咽頭炎とも呼ばれる、

感染症です。

この病気は、温帯地域ではよくある病気です。

亜熱帯地域でもみられますが、熱帯地域では滅多にみられません。

 

A群溶血性レンサ球菌咽頭炎は、小児がかかりやすいです。

早ければ、0歳児でもかかることがあります。

患者数は、1歳から徐々に増え、5歳がピークで、

それ以降は徐々に減り、15歳以上ではかなり減ります。

少ないですが、成人でもかかることがあります。

季節的なピークは、冬と春から初夏にかけての、年2回あり、

家庭、学校といった集団での感染も多くあります。

 

A群溶血性レンサ球菌咽頭炎の原因は、

A群溶血性レンサ球菌」という細菌です。

レンサは「連鎖」のことで、顕微鏡で見ると鎖のようにつながって見えるので、

こう呼ぶそうです。

なぜカタカナなのかは、わかりませんでしたけど。

 

この細菌は、もともと「A群β溶血性レンサ球菌」という名前です。

A群というのは、ランスフィールド(Lancefield)分類法という、

β溶血性レンサ球菌の分類(A群~V群まで)の1つなので、

βを省略して、A群溶血性レンサ球菌とも呼ばれています。

英語は、「Group A streptococcus」で、「GAS」と略されたりします。

 

また、「化膿レンサ球菌(かのうれんさきゅうきん、Streptococcus pyogenes)」

と呼ばれたり、

単に「溶連菌(ようれんきん)」と呼ばれたりします。

 

A群溶血性レンサ球菌咽頭炎とは(2)へ続く

スポンサードリンク