Pocket

麦秋って秋じゃないの?麦秋(ばくしゅう)って言葉、ご存じですか?

麦は、秋に播種(はしゅ)され、冬を超え暖かくなってから茎がどんどん伸び始め、初夏に収穫をします。
(播種とは、種を蒔(ま)くことです。)

麦秋とは、麦の穂が実って、収穫の時期になった初夏の頃のことをいい、夏の季語となっています。

麦秋の読み方は「ばくしゅう」だけでなく、「むぎあき」とか「むぎのあき」と読んだりもします。

スポンサードリンク


なぜ初夏の頃のことなのに、秋というのでしょう。

秋というと、いろいろな作物の収穫の時期ですから、麦秋は麦にとっての「収穫の秋」ということで、初夏の頃であるにもかかわらず「秋」という字が使われています。

 

七十二候では、二十四節気の小満の末候に、麦秋至があります。

麦秋至は、「ばくしゅういたる」とか「むぎのときいたる」と読みます。

期間としては、年によってズレたりしますが、5月31日~6月4日頃です。

6月4日頃は、立春から120日目ぐらいになり、麦の刈り取りの目安となっています。

スポンサードリンク