Pocket

菖蒲湯の由来と効能菖蒲湯(しょうぶゆ)というと、5月5日の端午の節句に入る、菖蒲を浮かべたお風呂のことですね。

なぜ、お風呂に菖蒲を浮かべるのでしょう?

なにか良いことがあるのか、それともだた昔から続いているからしているだけなのか。

よく知らなかったので、調べてみました。

 

古代中国では、菖蒲を薬草やよもぎと一緒に軒に吊るして厄除けとして使っていました。

それで、5月5日の端午の節句には、菖蒲酒など菖蒲を使うことで、邪気を払っていました。

それが、奈良時代の日本に中国から伝わりました。

 

また、端午の節句と同じ5月5日には、浴蘭節(よくらんせつ)という風習があり、これは「荊楚歳時記」に載っています。

浴蘭節とは、読んで字のごとく蘭のお風呂に入るという風習です。

ですが、ここでいう蘭は蘭草のことを指します。

蘭草とは、秋の七草の一つ、フジバカマのことです。

日本では、浴蘭節に使うフジバカマが少なかったので、菖蒲を使うようになったとか。

スポンサードリンク


日本でも、中国と同様にその香りが邪気を祓うと信じられていたため、宮廷行事として菖蒲をよもぎと一緒に吊るしたりしていました。

戦国時代の宮廷生活を書いた、「御湯殿上日記」の天文2年(1533年)5月5日の条には「こよひの御いわい(祝)もいつものことし、しやうふ(菖蒲)の御ゆ(湯)めさします」と書かれています。

5月4日に菖蒲の枕を使って寝て、5月5日にはその枕を解いて菖蒲を湯に入れて、菖蒲湯に入ったそうです。

いつしか、菖蒲を吊るすだけでなく、菖蒲湯に入るようになったといったところですか。

 

江戸時代の武家社会では、菖蒲が「尚武(しょうぶ)」(武道・武勇を重んじること)に通じるとして、端午の節句に菖蒲湯に入るようになりました。

それが、一般庶民にも広がり、楽しまれるようになったとのことです。

 

菖蒲は、昔から薬草としても使われていますが、その効能はどんなものなのでしょう。

菖蒲には、アザロンやオイゲノールといった精油成分が含まれています。

この精油成分には、血行促進作用がありますので、肩コリや冷え性に効きます。

鎮痛作用もありますので、腰痛や神経痛をやわらげたり、リウマチにも効果があります。

厄除けの元になる香りは、リラックス効果があるそうです。

健胃作用もあるそうですが、生での内用は避けたほうが良いでしょう。

生薬として使われている「菖蒲根」は、乾燥したものが使われています。

それでも、吐き気を催すことがあるので、服用の際には用法に注意が必要です。

 

菖蒲湯に使うのは、葉のほうをよく使いますが、精油成分は、根のほうが多いそうです。

ただ、手に入りにくいので、どうしても欲しい方は漢方薬局に相談されたほうが良いでしょう。

菖蒲湯にする際、葉を束ねてお風呂に入れる方法もありますが、葉や根を刻んで袋に入れ熱湯で煮出して、煮出した汁と袋をお風呂に入れたほうが、手間はかかりますがより効果的です。

 

ただ、菖蒲湯用に菖蒲を用意する際には、気をつけなければいけないことがあります。

それは、菖蒲と似ている花菖蒲、アヤメ(菖蒲)、カキツバタ(杜若)と間違えやすいということです。

菖蒲はサトイモ科ですが、花菖蒲、アヤメ、カキツバタはアヤメ科の全く違う種類です。

花菖蒲などはきれいな花が咲きますが、菖蒲の花は「がまの穂」みたいです。

このように花は全く似ていませんが、葉がよく似ているので間違えやすいのです。

ちなみに、パソコンなどで「あやめ」を漢字変換すると「菖蒲」になります。

これは、昔は菖蒲のことをアヤメと呼んでいたからなのでしょうか。

ああ、ややこしい。

 

石川県加賀市の加賀温泉郷では、旧暦の端午の節句に当たる6月上旬に、「菖蒲湯まつり」行われています。

最も盛んなのは、山代温泉だそうです。

温泉で菖蒲湯となると、とても体に良さそうですね。

できれば、一度行ってみたいものです。

スポンサードリンク