Pocket

菊芋とは?そのダイエット効果は本当?菊芋(きくいも)とは、キク科ヒマワリ属の多年草です。

北アメリカの北部から北東部の原産で、アメリカ・インディアンのトピナンブ族が食べていたので、ヨーロッパでは「トピナンバー」と呼ばれています。

他にも、「アメリカイモ」「ブタイモ」「サンチョーク」「エルサレム・アーティチョーク」といった別名があります。

 

菊芋は、草丈1.5~3mで9~10月に菊に似た花をつけて、10月末に地中に塊茎を作ります

塊茎(かいけい)とは、地中の茎の一部が養分を蓄えて、大きくなったものです。

菊芋だけでなく、じゃがいもやこんにゃく芋も塊茎です。

菊芋という名前は、花が菊に似ていて、芋ができるので付けられました。

 

日本には、江戸時代末期に飼料用として入ってきました。

第二次世界大戦後の食糧難の頃には、作付統制野菜として代用食とされました。

外来生物法では、要注意外来生物に指定されています。

 

このような菊芋が、ダイエットに効果があるといわれています。

一般的に芋といえば、デンプンを多く含みますが、菊芋の成分には、デンプンはほとんど含まれません。

そのため、菊芋100gで35kcalと低カロリーです。

菊芋の主成分は、「イヌリン」というものです。

イヌリンは多糖類で、体内で消化されない水溶性食物繊維です。

このイヌリンは、胃から腸へ移動していくうちに、水分を吸収してゲル状になります。

この状態で消化されず、腸内にとどまり、ビフィズス菌などの善玉菌の餌になります。

この時、悪玉菌を増やすことなく善玉菌だけ増やすので、腸の働きが良くなります。

また、一緒に摂った糖、コレステロール、脂肪を包み込んで、吸収を妨げて排出します。

このようなイヌリンの作用から、菊芋はダイエットに効果があると言われているのでしょう。

イヌリンは、菊芋に一番多く含まれていますが、ごぼう、にんにく、たまねぎなどにも多く含まれています

ですので、ごぼうなどもダイエットに効果があるといえると思います。

とはいえ、ダイエットとしては生活習慣の改善が基本だとは思いますけどね。

 

スポンサードリンク