Pocket

花冷えとは?それはいつ頃?あなたは、「花冷え」ってご存知ですか?

私は、なんか聞いたことがあるなあぐらいで、花冷えがどういうことなのかはよくわかっていません。

字からすると、花が咲いているころに寒くなるという感じに思えるのですが、具体的なことは全く知りません。

ということで、気になったので調べてみました。

 

花冷えとは、桜の咲く頃の一時的な冷え込みのことだそうです。

読みは、「はなびえ」。

桜の咲く頃である3月下旬から4月上旬は、通常天気が不安定なため、「春に三日の晴れなし」と言われています。

そんな春になって暖かくなってきたころに、寒気が南下してきたり、気流により冷気が流れこんできたりして、一時的に冬のように冷えることがあるようです。

東京では、4月6日は低温の特異日だそうで、かなり高い確率で花冷えになります。

スポンサードリンク


似た言葉に、「余寒(よかん)」「春寒(しゅんかん)」というのがあります。

これらも、花冷えのように、暖かくなってきた春に、冬の寒さが戻ってきたことを表します。

ですが、時期としては花冷えより早く、立春以降に寒さが戻ってきた時のことになります。

 

地方によっては、花冷えではなく違う言い方をするようです。

北海道では、「リラ冷え」と言います。

5月下旬のリラの咲くころに、冬の寒さが戻ることです。

リラはフランス語で、英語ではライラックです。

リラは札幌市の木に指定されていて、5月下旬にはライラック祭りが開催されます。

 

東北の一部の地域では、「花コタツ」と言います。

暖かくなってきた桜の頃なのに、コタツをしまいきれない状況であることを表しているそうです。

たしかに、ストーブやコタツをしまおうか悩む時期ではありますね。

 

さて、この花冷えという言葉ですが、天候とは全く関係ないところでも使われています。

それは、日本酒の温度の呼び方で、燗酒だと「熱燗(あつかん)」とかよく言うあれです。

花冷えというと、冷酒の温度で10度です。

この場合の読みは、「はなひえ」です。

ちなみに、「冷酒」と「冷や(ひや)」というのは、同じではありません。

冷やは、常温の日本酒のことです。

 

花冷えなど、寒の戻りには晩霜(ばんそう、おそじものこと)が降って、農作物に大きな被害をもたらすことがあります。

暖かいなと思ったら冬のように寒くなったりするように、気候が不安定で体調を崩しがちな時期ですが、風邪などひかぬよう気をつけましょう。

スポンサードリンク