Pocket

第五福竜丸事件とは(1)第五福竜丸事件とは、

1954年(昭和29年)3月1日に行われた、

アメリカ軍の水爆実験による放射性降下物(死の灰)を、

マグロ漁船「第五福竜丸」の乗組員が大量に浴びたという事件です。

 

この日、アメリカ軍はキャッスル作戦という水爆実験において、

マーシャル諸島のビキニ環礁で、ブラボーというコード名の水爆の実験をしました。

 

第五福竜丸は、マーシャル諸島近海、

アメリカ軍の設定した危険水域外の爆心から約160kmの地点で、

延縄(はえなわ)漁をしていました。

その時、死の灰が降ってきて、乗組員23名全員が被曝したのです。

死の灰に接触した部分は、2、3日後には火傷していたそうです。

また、帰港するまでに髪の毛が抜け落ちたり、お腹の調子が悪くなったりもしたそうです。

スポンサードリンク


その後、第五福竜丸は被曝した約2週間後の、3月14日に焼津港に帰港しました。

2日後の3月16日に検査を受けた際、船体から30m離れたところから、放射線が検出されました。

そのため、人家から離れた場所へ係留するよう指示が出され、鉄条網を張って係留されました。

 

第五福竜丸に積まれていたマグロは、放射能に汚染されているとして廃棄されました。

他の漁船から水揚げされたマグロも放射能の検査をされ、

汚染されたものは「原爆マグロ」(「水爆マグロ」「放射能マグロ」とも)呼ばれ、

廃棄されました。

築地の市場でも、放射能検査によって汚染されているとされたマグロは、築地市場の一角に埋められました。

その場所には、マグロ塚が建てられ、今も残っています。

 

このように、放射能に汚染された魚(マグロだけでなく)は廃棄されていましたが、魚を食べる人は激減しました。

築地市場でも「せり」が成り立たなくなるなど、市場関係者、漁業関係者は大きな打撃を受けました。

 

水爆実験による被曝から約半年後、第五福竜丸の無線長だった久保山愛吉さんが、亡くなられました。

日本の医師団は死因を、放射能症(放射線障害)と発表。

ですが、現在までアメリカは、久保山さんが亡くなったのは、放射線が直接の原因ではないとしています。

 

それは、久保山さんの直接の死因は、重度の急性肝機能障害だったからです。

このような重度の肝機能障害は、第五福竜丸の乗組員だけに起こっていて、

同様に被曝したマーシャル諸島の人々には全く起こっていないので、

放射線が原因ではないということです。

 

それでは、第五福竜丸の乗組員にだけ、なぜ重度の肝機能障害が起こったのでしょうか。

第五福竜丸の乗組員は、焼津港に帰港すると、すぐに入院させられて輸血されていました。

当時は、輸血の際に注射針を使いまわしており、その時に肝炎のウイルスに感染したとも言われています。

 

ただ、2005年(平成17年)7月には、米公文書の情報公開によって、

アメリカの国家安全保障会議の作戦調整委員会(OCB)

「第五福竜丸の乗組員の発症の原因は、サンゴの塵の化学的影響とする」など、

情報操作をしようとしていたことがわかっています。

その公開された公文書は、「水爆や関連する開発への日本人の好ましくない態度を相殺するための米政府の行動リスト」というタイトルの文書です。

 

第五福竜丸事件とは(2)へ続く

スポンサードリンク