Pocket

端午の節句端午(たんご)の節句」とは?

五節句の一つで、「菖蒲(しょうぶ)の節句」ともいいます。

端午とは、月の最初の午(うま)の日のことでしたが、午(ご)が五(ご)に通じ、数字の重なる5月5日を端午の節句としたといわれています。

中国から伝わったもので、日本では奈良時代から始まりました。

スポンサードリンク


当時は、邪気を避け魔物を祓う(はらう)薬草として、菖蒲をよもぎ(蓬)とともに軒にさしたりして、無病息災を願いました。

そういった風習は、武家社会になると廃れ、代わりに菖蒲を尚武(しょうぶ=武道・武勇を重んじること)にかけて、甲冑、刀、武者人形、金太郎や弁慶を模した五月人形やのぼりを飾るようになりました。

江戸時代には、庶民へと広がり、鯉のぼりを飾るようにもなりました。

鯉のぼりを飾るようになったのは、「登竜門(とうりゅうもん)」の由来となった中国の故事によるものです。

それは、多くの魚がチャレンジする中、鯉だけが急流をさかのぼり、竜門という滝をのぼると、竜になって天に登ったというものです。

これにちなんで、「鯉の滝のぼり」は立身出世の象徴となったので、端午の節句に吹き流しに鯉の絵を書くようになり、その後、現在のような鯉のぼりを飾るようになったそうです。

このように変化しながら、端午の節句は男の子の健やかな成長や立身出世を願い、お祝いをする行事になりました。

さて、五月人形などはいつから飾って、いつ片付ければよいのでしょう?

飾り始めるのは、4月以降であればいつでもよいようですが、一夜飾りになると縁起が悪いので、端午の節句の10~20日前までに飾るのが無難なようです。

片付けるのは、5月5日を過ぎていれば、あまり遅くならないよう5月中旬までの天気の良い乾燥した日に、片付ければよいそうです。

ところで、端午の節句には、ちまき(粽)や柏餅(かしわもち)を食べますが、なぜなんでしょう?

ちまきを食べるのは、紀元前3世紀、戦国時代の中国の楚(そ)であった話が始まりとされています。

その話とは、楚の国王の側近で、有名な詩人の屈原(くつげん)に関するものです。

屈原は人望がありましたが、陰謀により失脚させられました。

そして、国の行く末に失望した屈原は、汨羅(べきら)という川(汨羅江(べきらこう))に身を投げ、自殺しました。

国民はちまきを川に投げ込み、魚に屈原の遺体を食べられることを防いだという話が起源とされています。

柏餅を食べるのは、日本独自のものです。

これは、柏は新しい芽が出るまで、古い葉を落とさないので、家督を絶やさない縁起物されていました。

そのため、端午の節句に食べられるようになったとのことです。

地域によっては、初節句にはちまき、2年目以降は柏餅を食べるそうです。

スポンサードリンク