Pocket

秋雨前線とは降り続いた雨が、ようやく止みました。

しかし、また雨になりそうなので、小休止といったところでしょうか。

先日は、大雨により土砂災害や河川の氾濫などの、被害が出たところがありました。

どうも、停滞していた秋雨前線に、台風(途中で温帯低気圧に変わりましたが)が接近することで湿った空気が流れ込んで、秋雨前線が活発になったため大雨となり、大きな被害が出たということのようです。

ところで、秋雨前線ってなんなんでしょうか?

スポンサードリンク


秋雨前線とは、秋霖(しゅうりん)前線ともいい、9月上旬から10月中旬かけてできる前線のことです。

この時期になると、夏の暑さをもたらした、暖かい高気圧が弱まって南下し、北の冷たい高気圧が北日本へ張り出してきます。

こうして暖かい高気圧と冷たい高気圧が押し合って、前線ができます

この暖かい高気圧は夏の暑さの原因となっている太平洋高気圧で、冷たい高気圧の方は、オホーツク海高気圧です。

その前線が、日本上空に停滞し、長雨を降らせます。

この秋の長雨のことを秋雨(秋霖ともいう)といい、秋雨を降らせる前線ということで秋雨前線といいます。

秋雨前線は、梅雨前線と同じく、停滞前線です。

停滞前線というのは、暖かい高気圧と冷たい高気圧の勢力がほぼ等しいので、ほとんど動かない前線のことです。

このような秋雨前線に、台風が近づくことで、台風周辺の暖かく湿った空気が流れ込んできて、積乱雲が発達して大雨になったりします。

先日の台風17号のように、台風の進むスピードが遅い場合、暖かく湿った空気を長い間供給することになるため、大雨が長引いたり範囲が広くなったりするので、被害が大きくなることがあります。

また、前線や台風から離れた場所にも、大雨が降ることがありますから、台風の影響がなくなるまで、全国的に油断は禁物です。

スポンサードリンク