Pocket

沈丁花の花言葉沈丁花(ジンチョウゲ)の花言葉

栄光

不死

不滅

歓楽

永遠

不老長寿

甘美な思い出

実らぬ恋

青春の喜び

信頼

自然美

甘い生活

飾り立てる

優しさ

光栄

楽しみ

薄れゆく愛

スポンサードリンク


沈丁花とは、ジンチョウゲ科ジンチョウゲ属の常緑低木で、原産地は中国南部です。

開花期は2~4月で、樹高は0.5~1.5mぐらいです。

日本に入ってきた時期ははっきりしていませんが、室町時代には栽培されていたとされています。

 

雌雄異株(しゆういしゅ)で、日本ではたいていが雄株で、雌株はほとんど見られません。

そのため、結実することは稀なので、挿し木で増やしています。

めったに実らない果実は赤く丸い果実ですが、もし実っても有毒なので食べられません。

 

3香木の一つです。

3香木とは、春の沈丁花、夏の梔子(クチナシ)、秋の金木犀(キンモクセイ)の3つです。

沈丁花の香りは、遠くにいても匂うくらい強い香りで、春の到来を告げる香りと言われています。

 

花を乾燥させたものは、漢方では瑞光花という名前で、その煎じ汁は民間薬として、歯痛、口内炎などに使われています。

 

沈丁花の名前の由来は、香りが香木の沈香(じんこう)丁字(ちょうじ、クローブ)の香りに似ているからだそうです。

また、沈香のような香りで、花が丁字に似ているからという説もあります。

 

学名は、「Daphne odora」といいます。

「Daphne(ダフネ)」は、ギリシャ語で月桂樹を意味します。

このギリシャ語の意味は、ギリシャ神話の男新アポロンと女神ダフネの物語にちなんでいるそうです。

沈丁花にこの名が付けられたのは、沈丁花の葉が月桂樹の葉に似ているという理由からです。

「odora(オドラ)」は、「芳香のある」という意味です。

沈丁花は香りが強いので、この名が付けられたのでしょう。

 

沈丁花は、チンチョウゲとも言われたりします。

他に、香りが千里の彼方まで届くということで、千里香(センリコウ)とか千里花(センリバナ)とも呼ばれます。

スポンサードリンク