Pocket

汗荒れとは?あせもとは違うの?汗荒れ」って、ご存知ですか?

聞きなれない言葉なんですが、「あせも」と間違えやすいものだそうです。

どんなものなのか、気になったのでちょっと調べてみました。

 

汗荒れとは、汗による肌荒れのことで、汗が原因の接触性皮膚炎です。

汗荒れになるのは、よく汗をかく夏が多いんですが、汗ばむぐらいでなってしまうこともあるそうです。

汗荒れになりやすいのは、皮膚が薄くて弱いところ、肌の乾燥しているところ、衣類との摩擦や皮膚同士の摩擦の起こる首回り、脇、腰回りなどです。

汗荒れになると、かゆみや赤みが生じ、我慢できずに掻き続けると、掻破性湿疹(そうはせいしっしん)となり、長期間(場合によっては何年も)の治療が必要となります。

 

このかゆみや赤みの原因が、汗なのです。

汗をかいた後、汗の水分が蒸発すると、汗の成分である塩分やアンモニアの濃度が上がります。

その濃くなった塩分やアンモニアの刺激によって、ピリピリ・チクチクと感じ、むず痒くなったりします。

汗と皮脂が混ざってベタついたところも、ホコリ等がついてかゆくなったりもします。

 

対処としては、汗をこまめに拭いて、保湿することです。

ただ、汗を拭く際にはこすらずに、タオルなどで押さえるようにして汗を吸い取ります。

水で洗い流すのもよいでしょう。

汗拭きシートやパウダーは、含まれているアルコール、香料、防腐剤が肌を刺激するので、使わないようにしましょう。

同じくアルコールの含まれている、ウェットティッシュや化粧水にも注意してください。

 

保湿には、風呂あがりにローションやクリームなどの保湿剤を使うのが良いようです。

風呂あがりに保湿剤を使うのは、肌が清潔になっているからです。

だからといって、お風呂で肌をゴシゴシこすったり、石けんを使い過ぎないようにしてください。

汗荒れが、ひどくなったりします。

綿素材の柔らかいタオルで、やさしく洗ってください。

ゴシゴシこすったり、石けんを使わなくても、お湯だけで皮脂や汚れは十分落ちるそうです。

炎症を起こしている時には、手のひらで洗うのも良いそうです。

 

肌がムレない衣服を着るようにもしてください。

ゆったりとした、通気性の良い服のほうが良いです。

 

皮膚を作る栄養素を、摂るようにもしましょう。

その栄養素とは、皮膚の材料となるタンパク質、上皮組織の粘膜作りに必要なビタミンA、角質層の細胞を合成する亜鉛などです。

 

さて、汗荒れとあせもの違いって、何なんでしょう。

同じように思いますが・・・。

あせもは、大量の汗をかいた時に、汗でふやけた角質やホコリ等の汚れで汗管(かんかん)が詰まってできた、赤いぶつぶつや水ぶくれがです。

だた、この時にかゆみはあまり生じません。

汗が溜まりすぎて、汗管が破れるとかゆくなり、汗疹性湿疹(かんしんせいしっしん)となります。

あせもは、汗をたくさんかくようなことがなければできませんし、汗をこまめに拭いてもできます。

 

こうして調べてみると、今まであせもだと思っていたものが、実は汗荒れだったということが結構あったのかも。

汗荒れとあせも、間違えないようにしましょう。

大変なことになってしまうかもしれませんから。

スポンサードリンク