Pocket

水分補給で熱中症対策今日は少しはマシになった気がしますが、連日暑い日が続きます。

この暑さのため、熱中症で病院に運ばれる方がいらっしゃるようです。

 

天気予報などでも、熱中症にならないよう、こまめな水分補給と適切なエアコンや扇風機の使用を呼びかけています。

実際、このような熱中症を予防する対策をされている方は、たくさんいらっしゃるのではないでしょうか。

 

ところで、水分補給といっても、水分だけでなく塩分も取らないといけないようなことを聞いたことがあります。

本当のところ、水分補給に際して、注意しなくてはならないことって、どんなことがあるのでしょう。

 

 

まず水分補給の仕方ですが、のどが渇いたからといって、たくさんの量を一気に飲むのは、体に負担がかかるので良くないとのことです。

1回で飲む量は、コップ一杯程度で、寝起き、午前中、午後、入浴前後、寝る前といった感じで、一日に数回飲むと良いそうです。

 

高齢者の方は、のどが渇いたとあまり感じなかったりするので、のどが渇いたと思わなくても、前述のようなタイミングで水分補給をしてください。

これ以外でも、汗をたくさんかいた時などは、水分補給が必要だったりします。

 

スポーツをしている時や肉体労働をしている時などと、デスクワークをしている時とでは、汗のかき方などが全く違いますので、状況に合わせて水分補給のタイミング・飲む量を考えていく必要があるということでしょうね。

 

ここで、水分を補給するための飲み物について見て行きたいと思います。

 

水分補給するための飲み物というと、水、スポーツドリンク、お茶、コーヒー、炭酸飲料、清涼飲料水といったものが思い浮かびます。

炭酸飲料や清涼飲料水などは、たくさん飲めば糖分のとりすぎになるので、成人病予防のためには飲み過ぎは良くないでしょう。

急激に血糖値が上がるペットボトル症候群になってしまう可能性もありますし。

 

スポーツなどで大量に汗をかいた場合、体内の塩分もかなりの量、汗と一緒に出て行ってしまうので、水だけ補給すると、体内の塩分濃度が薄くなって、体が塩分濃度をこれ以上薄くしないよう、水分を排出してしまい、水分補給にならなくなるそうです。

このようなときは、運動してエネルギーを消耗していますから、糖分と塩分を含んでいるスポーツドリンクが良いそうです。

 

逆に言えば、スポーツドリンクは、スポーツをしたとか肉体労働をしたという場合には良いけれど、そうでない場合には、糖分や塩分のとりすぎになることがあるということです。

汗はたくさんかいているけれど、体は動かしていないという時は、糖分の補給は必要ないですし、体を動かしていなくて、汗もそれほどかいていなければ塩分の補給も必要ないということですね。

 

私の場合、パソコンに向かって仕事をしていることが多いのですが、節電のため、エアコンの使用を控えていまして、部屋の窓を開けているだけのことが多くあります。

ですから、体は動かしていませんが、汗はかなりかくので、水分補給を結構します。

その時には、主に常温の水を飲んでいます。

これで特に問題ないことのほうが多いのですけれど、たまに体がだるい感じが強くなることがあり、そういった時には冷たいスポーツドリンクを飲んだり、お菓子を食べたり、塩分補給のタブレットを舐めたりしています。

そうすると少しシャキッとするので、デスクワークといえど、汗のかき方によって塩分などの補給を考えないといけないんだなと思っています。

 

また、常温の水ばかりを飲んでいるのも、冷たい飲み物ばかりを飲んで体を冷やすと、体調をくずすことが多いからですが、あまりにも暑い時には冷たい飲み物で体を冷やすことも、時には必要だったりするんでしょうかね。

あとお茶やコーヒーですが、麦茶などを除いてカフェインを含んでいるので、利尿作用があり、水分補給にならなかったりするので、一息つく時に飲むぐらいにしておいたほうがよさそうです。

スポンサードリンク