Pocket

桃の節句今日、3月3日は「桃の節句」です。

桃の節句とは、五節句(ごせっく)の一つ「上巳(じょうし、じょうみ)」のことです。

五節句とは、「人日(じんじつ)」「上巳」「端午(たんご)」「七夕(しちせき)」「重陽(ちょうよう)」の5つの節句のことで、季節の節目の日です。

昔は、その節句の日に、宮中で邪を祓う(はらう)儀式として五節会(ごせちえ)という宴が行われていました。

この節句というのは、中国から伝わったものです。

スポンサードリンク


五節句の一つ上巳とは、3月上旬の巳の日のことで、中国ではこの日に川で身を清め、穢れ(けがれ)を祓う習慣がありました。

三国時代の魏で、3月3日になったそうです。

これが日本に伝わり、平安時代には野山で薬草を摘んで、その薬草で身の穢れを祓い、健康と厄除けを願っていました。

この上巳の行事と、宮中で行われていた紙の人形を使った遊び「雛遊び(ひいなあそび)」が融合し、穢れを移した紙人形を川に流す「流し雛(ながしびな)」になりました。

その後、武家社会へ広まり、さらに裕福な商家や名主の家庭へ広まりました。

江戸時代には、五節句は年中行事として制定され、女の子の節句として定着し、ひな祭りとして豪華なお雛様を飾るようになったとのことです。

また、上巳の節句は桃の花の咲く時期と重なり、桃の木は邪気を祓うと考えられていたため、桃の節句ともいうようになったそうです。

でも、3月3日って桃の花はまだ咲いていないんですけど・・・。

たしかに、桃の花が咲くのは3月下旬から4月上旬ですね。

このズレは、暦(こよみ)の違いによるものです。

元々、上巳の節句(桃の節句)は旧暦の3月3日でした。

ちなみに、今年(2014年、平成26年)の旧暦の3月3日は4月2日で、桃の花の咲く時期に入っています。

それが明治以降、新暦(グレゴリオ暦)に変わり、桃の節句は新暦の3月3日に行われるようになり、現在に至ります。

今では、桃の節句は桃の花の咲いていない時期ですが、気持ちだけは昔と変わらず、健康と厄除けを願うことが大事なんだと思います。

スポンサードリンク