Pocket

春雨(はるさめ)とビーフンの違い春雨とビーフンって、よく似てますよね。

何が違うのでしょうか?

春雨とビーフンについて、それぞれ調べてみました。

【春雨】

春雨は、緑豆(りょくとう)やじゃがいも、さつまいものデンプンを原料としています。

中国語で、「粉条(フォンティアオ)」といいます。

中国産は緑豆のデンプンを原料としていて、「緑豆春雨」と言われたります。

緑豆を原料とした春雨は、コリコリとした食感が特徴です。

日本産はじゃがいもやさつまいものデンプンを原料としています。

こちらは、緑豆を原料としたものと違い、もちもちした食感をしています。

春雨はローカロリーで腹持ちがよいので、ダイエットに効果的と言われています。

 

【ビーフン】

ビーフンは、インディカ種のうるち米を原料としています。
(うるち米とは、ご飯として食べるための米の種類のことです。)

中国福建省あたりが発祥で、この地方ではビーフンの中国語である「米粉」を「ビーフン」と発音します。

北京語では、「ミーフェン」と発音します。

ビーフンは、もともと米粉のみで作られるものですが、現在では米粉以外のデンプンも混ぜて原料として使われています。

台湾や中国では、コーンスターチが使われています。

これは、米粉のみを使った純米ビーフンの欠点に関係しています。

純米ビーフンの欠点とはのびやすいことで、茹でるのにかなりの注意を要し、茹でられない人もいるほどです。

それがコーンスターチを混ぜることにより、のびにくくなり、茹でやくすなったそうです。

スポンサードリンク