Pocket

日経平均株価とかTOPIXって何?(1)日経平均株価(にっけいへいきんかぶか)」とか

TOPIX(トピックス、東証株価指数(とうしょうかぶかしすう))」とか、

よくニュースで見ますが、それらは一体何なのでしょう?

まずは、日経平均株価についてです。

日経平均株価とは、日本経済新聞社が計算して発表している、

東京証券取引所の市場第一部(東証一部)に上場している企業約1700社のうち、

日本経済新聞社が選定した225社の平均株価です。

 

日本の株式市場の株価指数の代表的なものの一つで、

単に「日経平均」とか、「日経225」とか呼ばれたりします。

政府の経済統計としても使われています。

スポンサードリンク


開始されたのは、1950年9月7日からなんですが、当時は日本経済新聞社ではなく、

東京証券取引所が算出していたので、「東証修正平均株価」という名称でした。

 

その後、東京証券取引所が東証株価指数(TOPIX)の公表を開始したため、

1970年に、日本経済新聞社が引き継ぎました。

1975年5月から1985年4月までは、NYダウなどを公表しているダウ・ジョーンズ社の

許可を得て「日経ダウ平均株価」という名称でした。

それを、一部マスコミが「東証ダウ平均株価」といっていたので、

その時代を知っている人の中には、「日経ダウ」だとか「東証ダウ」と呼ぶ人もいます。

1985年に、現在の名称である日経平均株価になりました。

 

選定される225社には、セクター間のバランスに配慮しながら、

取り引きが活発で流動性の高い銘柄が選ばれます。

セクターとは、日経業種分類の36業種を、

「技術」「金融」「消費」「素材」「資本財・その他」「運輸・公共」

の6つに分類したものです。

 

選ばれた225社は、ずっとそのままではなく、年に1回定期的に見直され、入れ替えられたりします。

上場廃止などがあった場合も、緊急に入れ替えが行われます。

 

なぜ選ぶのは225社なのかというと、全業種からバランスよく選んでいったら、

結果的に225社になったからとされています。

 

日経平均株価とかTOPIXって何?(2)へ続く

スポンサードリンク