Pocket

改造申請して、晴れて公認(5)改造申請して、晴れて公認(4)からの続き

 

ユーザ車検の受付で、改造申請をして書類審査を通り、記載事項変更のための実車確認を

してもらいたい旨を伝えると、1枚の書類を渡され、記入して持ってくるように

言われました。

内容は車検証を見ながら記入できる内容がほとんどで、車検証に載っていないのは

走行距離ぐらいでした。

 

記入し終わって提出すると、車を車検ラインの方へ持っていくように言われました。

ただどのラインへ並べば良いのかわからなかったので、検査員に聞いて確認をし、

指示されたラインに並んで、順番を待ちました。

いよいよ順番が回ってきて、下回り検査をするピットに進むと、必要書類を検査員に渡し、

実車確認が始まります。

大丈夫と思っていながらも、多少ドキドキしながら待っていると、ピットの下に来るよう

指示されました。

スポンサードリンク


何だろうと思いながら降りてみると、今回の改造申請とは関係ないので、後でいいから

処置しておくようにとのことで、GC8用のメタキャタの上側のステーを、加工してでも

ちゃんと取り付けておくように、また、排気温センサーのケーブルがサスのロアアームに

触っているので、触らないように浮かせておくように、そうしないと次の車検は通らない

からと言われました。

本来の目的である改造箇所については、問題ないとのこと、ひと安心です。

catalyser_stay01

↑赤丸内のステーが固定されていません。加工して取り付けるようにとのこと。

catalyser_stay02

↑こちらの赤丸内のステーは、GDBではなくなっているので、このままでOKとのこと。

 

次は、車高、車幅、長さ、軸重を測定するラインに並びます。

2時間近く待って、ようやく順番が回ってきました。

特に問題はないはずですが、何となく落ち着かない状態で測定を待ちます。

 

測定終了後、記載事項変更に必要な書類と、預かってもらっていた通知書を

手渡されました。

それをもって、登録の受付へ行き、記載事項変更の手続きです。

手続きには、OCRシートの用紙が1枚必要なので、買ってくるように言われ、

隣の建物で購入です。1枚30円でした。

購入したマークシートの用紙を持って、再度、登録の受付へ行き、必要事項を用紙に記入

して提出します。

手続き完了で、記載事項変更された車検証を渡されます。

ちゃんと、改造内容に動力伝達装置とあります。

shakenshou

これで公認を取れました。

やったー!!

 

ところで、家に帰ってから改造自動車審査結果通知書をよく見ると、標準車の車両重量や

タイヤサイズがおかしな数値になっていますし、改造の目的も変わってしまっています。

車両重量はGDBに近いですし、タイヤサイズは、どのクルマのものなのか

よくわかりません。

改造の目的に至っては、「操作性向上のため」と、わけのわからないものになっています。

まあ、ちゃんと公認が取れたので良いのですが、なんか変な感じです。

kaizou_tuutisho_omote kaizou_tuutisho_ura

スポンサードリンク