Pocket

恵方巻きとは(1)恵方巻きとは、節分に食べると縁起がよいとされる太巻き寿司のこと、もしくはそれを食べる風習のことです。

もともと、大阪地方を中心として行われていた風習で、丸かぶり寿司とか単に巻き寿司と呼ばれています。

他に、恵方寿司、招福巻、幸運巻、開運巻き寿司、太巻き丸かぶりともいわれたりします。

恵方巻きの食べ方には、ルールがあります。

①節分の夜、恵方に向かって食べる

②一本を切らずに丸かぶり(丸かじり)

③願い事をしながら、無言で食べる

④休まず一気に、残さず食べる

といったところですか。

スポンサードリンク


しかし、太巻き寿司1本食べきるなんて、人によってはなかなか大変だと思うんですけど、

どうして太巻き寿司なんでしょう。

 

恵方巻きの具材は、具材の種類については、特に決まりはありませんが、

七福神にちなんで7種類にするのが基本とされています。

具材を7種類も巻こうと思えば、そりゃあ太巻きになってしまいますね。

 

それに、何で巻き寿司なのかというと、福を巻き込むという意味があるからです。

巻き寿司を鬼の金棒に見立てて、それを食べてしまうことで鬼退治とするとか、

具材のキュウリを青鬼、桜でんぶやにんじんを赤鬼に見立てて、鬼を食べて鬼退治とする

といった意味であるとする説もあるそうです。

 

太巻き寿司を切って食べないのは、縁を切らないようにという意味があるそうです。

また、しゃべったり、休みながら食べると、ご利益がなくなってしまうとされています。

 

こんな食べ方にルールのあったりする恵方巻きですが、

起源については、いろいろな説があるそうです。

1.江戸時代の終わり頃、大阪で商売繁盛と厄払いということで、幸福巻寿司が始まった

2.江戸時代末期から明治初期に、大阪で商売繁盛を祈願して始まった

3.1800年代のある年の節分の日に、大阪近郊の申村の住人が集まって、巻き寿司を食べるときに、切り分ける手間を省いて一本丸かぶりしたのが始まり

などなど、諸説ありますが、はっきりしたことはわかっていません。

 

恵方巻きとは(2)へ続く

スポンサードリンク