Pocket

年賀状の年賀って何?毎年出している年賀状ですが、年賀状の年賀って何なんでしょう?

 

年賀とは、新しい年を祝うことです。

年賀のために、挨拶に伺うことを、「お年始」と言います。

また、お年始の際に持っていく手土産のことを、「お年賀」と言います。

 

古くから、お正月には年神様をお迎えして祀ります。

年始めの挨拶の際、お迎えした年神様を祀る神棚や仏壇へのお供え物を持参した習わしが、お年賀の起源です。

お供え物が、いつしか手土産に変わり、現在のお年賀の形になりました。

 

お年賀は大人へ贈るもので、子供には「お年玉」をあげます。

お年玉は、年神様へお供えした鏡餅のお下がりのことを、

御歳魂(おとしだま)」と呼んで、

目上の者から目下の者へ分け与えていたことからきています。

なぜ御歳魂といったのかというと、お供えの鏡餅には年神様の魂が宿っていると考えられていたからです。

スポンサードリンク


お年始に伺うのは、正式には正月の三が日です。

ただし、元日や午前中の訪問は避けます。

三が日に都合がつかない場合には、松の内の間に訪問します。

 

年賀状は、遠くはなれている人に、お年始の代わりとして送る、手紙やはがきのことです。

 

お年賀ののし紙は、

のし(熨斗)付きで、

水引は紅白の5本または7本の花結びのものを使います。

花結びは、蝶結びともいいます。

 

お年賀は、持参するので「外のし」にします。

お年賀は直接持参するもので、

宅配便などで届けるのはタブーとされています。

 

表書き(献辞ともいいます)は、水引の結び目より上(上書き)に濃い墨で「御年賀」と書きます。

訪問が松の内を過ぎた場合には、「寒中見舞い」と書きます。

名前は、表書きよりやや小さめにフルネームを書きます。

 

喪中の場合は、先方には事前にお断りを入れて了承を得て、

松の内を外して、寒中(寒の内とも言います)に訪問します。

この場合、お年賀の表書きは「寒中見舞い」です。

また、先方に事情を説明して欠礼しても、失礼には当たりません。

 

ちなみに、年賀には長寿を祝う、年祝いの意味もあるそうです。

この場合には、単に「賀」とか「算賀」と言ったりもします。

60歳の還暦とか70歳の古希、77歳の喜寿、88歳の米寿などのお祝いのことを言います。

スポンサードリンク