Pocket

師走(しわす)あっという間に12月になってしまいました。

なんか、年々1年が早く終わっていくようになった気がします。

ところで、12月というと、「師走(しわす)」という別名があります。

もともと旧暦の12月のことを言ったのですが、新暦の12月でも師走と言われます。

「師走」という名の由来については、子供の頃の記憶では「先生が走り回るほど忙しいつきだから」と聞いた気がします。

ですが、先日「お坊さんが走り回るから」という説を聞きました。

お坊さんがなぜ12月に走り回るのか、意味がわからないのでその説が本当なのか、他の説はないのかと気になったので調べてみました。

スポンサードリンク


調べてみたところ、いろんな説があるようなので、調べられたものについて羅列してみます。

1.お坊さんが走り回るほど忙しい月。

この場合、師というのはお坊さんのことで、昔は正月も盆と同じようにお経をあげたので、お坊さんが各家でお経をあげるために、忙しく走り回るため「師馳す(しはす)」と呼ばれたという説です。

これは、平安末期の色葉字類抄(いろはじるいしょう)で説明されているそうで

お坊さんが走り回るのは、こういった理由なんですね。

勉強になります。

2.普段は走らない師匠が走るほど忙しい月。

この場合は、師とはそのまま何かの師匠のことで、12月は忙しく師匠でさえ趨走(すうそう、チョコチョコ走ること)ので「師趨(しすう)」と言い、それが師走になったという説です。

これが、私の子供の頃に記憶されている由来の元になったものなのでしょう。

先生は、昔で言うと師匠ですから。

3.御師が走る。

御師というのは、昔、伊勢参りをする人を伊勢神宮までガイドした人のことだそうです。

この御師と呼ばれる人たちの、一番忙しいのが12月だからという説です。

私、御師という職業があったのを初めて知りました。

昔は、レジャーを兼ねて伊勢参りは人気があったというのは聞いたことがあるので、こういった職業ができたのでしょうね。

4.四季の果てる月。

「四季が終わる」というという意味である「四季が果てる」のことを、「四極(しはつ、しはせ)」と言ったからという説です。

現代では、12月で季節が終わるというのは合っていないようですが、元々が旧暦での話なのでこのような説があるのでしょう。

ちなみに、次に来る旧暦の12月は、平成26年(2014年)1月1日~30日になります。

立春が平成26年(2014年)2月4日なので、旧暦なら季節感は合っているということですね。

5.年が果てる月。

年が終わるという意味の「年が果てる」を、「年果つ(としはつ)」と呼んだからという説。

6.一年の最後に為し終える月。

為し終えるということで、「為果つ(しはつ)」から来ているとする説。

以上が、調べることができた由来です。

こんなにいろいろな説があるのなら、諸説あるのをわかった上で、気に入った説を覚えておくだけでもいいような気がします。

全部覚えてうんちくを披露するのもいいかもしれませんけどね。

スポンサードリンク