Pocket

小春日和小春日和というのは、晩秋から初冬にかけて、低気圧が過ぎ去ったあと、移動性高気圧に覆われるなどして現れる、春のように穏やかで暖かい晴天のことです。

なぜ小春日和というのかというと、現在の11月というのは旧暦10月(神無月、地域によっては神在月)にあたり、旧暦10月のことを「小春」と呼ぶからだそうです。

今年(2013年)の旧暦の10月1日は、11月3日(文化の日)でした。

「小春」は、別名で「小六月」とも言われます。

スポンサードリンク


俳句では、「小春」や「小春日和」は冬の季語です。

暦の上では、立冬(11月7日頃)から立春の前日までが冬ということになっているからですね。

ところで、外国でも小春日和のような現象があるようで、国によっていろいろ呼び方があるようです。

調べてみてわかった範囲で、挙げてみます。

アメリカ、カナダ
「インディアンサマー(Indian Summer)」

ドイツ
「老婦人の夏」

ロシア
「女の夏」

イギリス
「セント・マーチンの夏(聖マーチンの夏)」
または
「セント・ルカ祭の夏(聖ルカ祭の夏)」

フランス
「サンマルタンの夏」

中国
「こはるのようき」

私のつたない語学力では正しくないかもしれませんが、イギリスの「セント・マーチン」とフランスの「サンマルタン」って同じではないかと思うのですが。

セント・マーチンのアルファベットのつづり「St.Martin」の「St.」は英語で「セント」、フランス語で「サン」と読み、「Martin」は英語で「マーチン」、フランス語で「マルタン」と読んだような記憶があるもので。

もしそうなら、陸続きのアメリカとカナダと違い、海を隔てて同じ呼び方をしているということで、なにか面白い気がします。

スポンサードリンク