Pocket

天長節とは天長節(てんちょうせつ)とは、今でいう天皇誕生日のことです。

 

元々は、中国の唐の時代に、玄宗(げんそう)皇帝が始めたとされています。

天長というのは、老子の七章にある「天は長く地は久し(天長地久)」から来ています。

 

日本では、775年(宝亀6年)、第49代天皇の光仁(こうにん)天皇の時代に、

初めて天長節の儀が行われました。

 

その後、途絶えましたが、1868年(明治元年)に再興しました。

1873年(明治6年)には、明治の改暦が行われ、旧暦9月22日であった天長節は、

新暦11月3日に変更されました。

スポンサードリンク


大正時代には、天長節は8月31日になりました。

ですが、あまりにも暑くて行事を行うのが難しい時期ということで、

1914年(大正3年)からは、天長節とは別に、10月31日を天長節祝日と定めて、

暑さ寒さの厳しくない時期に式典を行いました。

 

1927年(昭和2年)には、四大節(しだいせつ)の一つとして制定されました。

四大節というのは、

四方節(しほうせつ、1月1日)、

紀元節(きげんせつ、2月11日、現在の建国記念の日)、

天長節(4月29日、現在の昭和の日)、

明治節(めいじせつ、11月3日、明治時代の天長節、現在の文化の日)の

4つの祝日のことです。

 

第二次世界大戦後の1948年(昭和23年)には、

国民の祝日に関する法律(通称、祝日法)が制定され、

現在の天皇誕生日と名称が変更されました。

 

1989年(平成元年)から、天皇誕生日は12月23日とされました。

スポンサードリンク