Pocket

四十肩とか五十肩ってどんな病気?(1)四十肩(しじゅうかた)とか五十肩(ごじゅうかた)とか言いますが、

どんな病気なのでしょうか?

それは、原因のわからない肩関節の周りに起こる炎症で、

肩関節周囲炎とか癒着性関節包炎とも呼ばれています。

英語では、フローズンショルダー(Frozen Shoulder)と呼ばれています。

 

四十肩も五十肩も全く同じ病気で、発症した年齢によって呼び方が変わるだけです。

40代で起これば四十肩、50代で起これば五十肩と呼びます。

といっても、40代、50代に起こりやすいので、そう呼ばれています。

ただ、三十肩とは言いませんが、30代でなる人もありますし、

60代で起こったら六十肩といわれる場合もあります。

 

この病気、最初は五十肩と呼ばれていたそうです。

江戸時代に発行された国語辞典の俚言集覧(りげんしゅうらん)に、

五十肩と書かれていて、これが最も古い記載とされています。

四十肩とか六十肩というのは、あとで出てきた呼び方なんですね。

 

五十肩の原因は、未だにはっきりとはしていません

ですが、老化や運動不足などが、理由として考えられています。

 

また、パソコン操作などのデスクワークのように、

猫背や肩が前へ出た姿勢などになりやすい作業を長時間行ったり、

散髪屋、植木屋、内装屋などのように、腕を上げて肩を緊張させることの多い作業を

続けていると、五十肩になりやすい、とも言われています。

 

あと、スポーツや仕事などで肩関節を酷使して、

痛めたことのある人は治りにくい傾向があります。

 

似たような症状なので、以前は五十肩と言っていましたが、

医学の進歩により、痛みの原因がはっきりしたので、

現在は五十肩に含めなくなったものがあります。

 

それには、次のようなものがあります。

上腕二頭筋腱炎(じょうわんにとうきんけんえん)

上腕二頭筋とは、力こぶを作る筋肉のことで、短頭筋と長頭筋の2つある筋肉のうち、

肩甲骨につながっている長頭筋の腱の炎症です。

 

腱板炎(けんばんえん)

腱板というのは、ローテーターカフと呼ばれるインナーマッスルのことです。

ローテーターカフとは、肩甲下筋(けんこうかきん)、棘上筋(きょくじょうきん)、

棘下筋(きょくかきん)、小円筋(しょうえんきん)

の4つの筋肉の総称で、回旋筋腱板(かいせんきんけんばん)とも呼ばれます。

 

腱板断裂(けんばんだんれつ)

 

石灰沈着性腱板炎(せっかいちんちゃくせいけんばんえん)

腱板に、石灰(リン酸カルシウム)が沈着したことで起こる炎症です。

 

肩峰下滑液包炎(けんぽうかかつえきほうえん)

肩峰下滑液包は、肩峰という肩の上の部分にある、肩甲骨(けんこうこつ)の突起と

腱板の間にあり、摩擦を減らす働きがあります。

 

四十肩とか五十肩ってどんな病気?(2)へ続く

スポンサードリンク